[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

    第95回の海外化学者インタビューは、イヴァン・ドモコウスキー教授です。ペンシルバニア大学化学科に所属し、生物学や材料科学の長年の問題に対処するための化学ツールの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

    第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

  3. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

    第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

  4. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

    第87回の海外化学者インタビューは、ダニエル・オレアリー教授です。ボードイン大学化学科に在籍し、NM…

  5. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授

    第86回の海外化学者インタビューは、ジャン=クロード・ブラッドリー教授です。ドレクセル大学化学科に在…

  6. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

  7. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

  8. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Catherine Murphy教授

  9. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

  10. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授

  11. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

  12. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

  13. 第65回―「タンパク質代替機能を発揮する小分子の合成」Marty Burke教授

  14. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

  15. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

  16. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  2. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  3. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  4. 美術品保存と高分子
  5. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  6. 化学グランプリ 参加者を募集
  7. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

PAGE TOP