[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

    アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candidacyと呼ばれる試験です。これらの試験に受からなければ、学生はPh.D.課程に残ることは出来ず、修士取得退学などをすることになります。今回は…

  2. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

    ケムステ海外研究記の第31回目は、カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学されていた中野遼さんにお願い…

  3. アメリカで医者にかかる

    アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

  4. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  5. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より

    海外留学記第26回目は、今年の三月までCaltechのFu研に留学されていた増田侑亮さんにお願いしま…

  6. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

  7. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  8. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  9. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  10. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

  11. 化学遺産財団

  12. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ

  13. フライデーハーバー研究所

  14. スクリプス研究所

  15. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

  16. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  2. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  3. ケミカルバイオロジー chemical biology
  4. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  5. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  6. 液体ガラスのフシギ
  7. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP