[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

    前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しました。今回は、アメリカの企業の研究職に焦点を当て、就活の流れについて綴ります。アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活…

  2. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

    PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

  3. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

    第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

  4. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

    第128回の海外化学者インタビューはジョージ・スタンレー教授です。ルイジアナ州立大学化学科に所属し、…

  5. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann Valentine教授

    第127回の海外化学者インタビューはアン・バレンタイン教授です。イェール大学化学科に所属(訳注:現在…

  6. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

  7. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

  8. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

  9. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

  10. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

  11. 第117回―「感染症治療を志向したケミカルバイオロジー研究」Erin Carlson准教授

  12. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授

  13. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

  14. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授

  15. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

  16. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  2. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  3. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  4. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  5. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  6. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  7. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ

注目情報

最新記事

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

PAGE TOP