[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

    デヴィッド・シュピーゲル(David A. Spiegel、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。イェール大学教授。(写真:Yale University) (さらに…)…

  2. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

    第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

  3. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

    第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

  4. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

    第136回の海外化学者インタビューはマイトランド・ジョーンズ Jr.教授です。プリンストン大学を退職…

  5. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

    第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

  6. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

  7. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

  8. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

  9. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

  10. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

  11. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann Valentine教授

  12. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

  13. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

  14. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

  15. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

  16. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  2. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  3. 相撲と化学の意外な関係(?)
  4. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE
  5. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】
  6. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  7. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

注目情報

最新記事

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

PAGE TOP