[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

    ケムステ海外研究記の第31回目は、カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学されていた中野遼さんにお願いしました。中野さんの博士課程時代のお仕事は、以前ケムステでも紹介させていただきました(過去記事:CO2の資源利用を目指した新たなプラ…

  2. アメリカで医者にかかる

    アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

  3. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  4. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より

    海外留学記第26回目は、今年の三月までCaltechのFu研に留学されていた増田侑亮さんにお願いしま…

  5. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  6. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  7. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  8. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  9. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

  10. 化学遺産財団

  11. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ

  12. フライデーハーバー研究所

  13. スクリプス研究所

  14. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

  15. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インフルエンザ対策最前線
  2. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  3. ノーベル博物館
  4. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  5. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  6. 170年前のワインの味を化学する
  7. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

注目情報

最新記事

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

PAGE TOP