[スポンサーリンク]


アメリカ

  1. 第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

    第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の化学・生化学科で長年講師を務めています。大規模な一般化学クラスの他に、科学史と哲学のコースも教えています。化学の歴…

  2. 第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

    第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

  3. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora

    パラムジット・S・アローラ(Paramjit S. Arora、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  4. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授

    第45回の海外化学者インタビューは、Younan Xia教授です。セントルイスにあるワシントン大学生…

  5. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

    アメリカの大学院に来て驚いたこと。その一つは、研究室の運営の仕組みが日本とかなり違うことです。特に、…

  6. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  7. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より

  8. アメリカで医者にかかる

  9. アメリカの大学院で受ける授業

  10. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より

  11. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

  12. リッチー・サーポン Richmond Sarpong

  13. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より

  14. 「炭素-炭素結合を切って組み替える合成」テキサス大学オースティン校・Dong研より

  15. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

  16. 化学遺産財団

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  2. カルボン酸をホウ素に変換する新手法
  3. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Reaction
  4. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  5. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応
  6. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  7. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP