[スポンサーリンク]

ケムステニュース

柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞

[スポンサーリンク]

?東京大大学院薬学系研究科の柴崎正勝教授(医薬品合成化学)が、英王立化学会の「センテナリーメダル」を受賞することが決まった。 同メダルは1949年創設。このメダルの受賞者から10人以上のノーベル賞受賞者が出ており、2001年にノーベル化学賞を受けた野依良治・理化学研究所理事長は88年に受賞している。 柴崎教授は、さまざまな物質の有用な型だけを有機化学合成で作り出すために働く触媒の開発で世界的に知られている。(引用:毎日新聞)

柴崎教授は、不斉触媒分野での論文引用数・世界一位を獲得した、野依良治教授と並んで世界的に有名な教授です。最近では抗インフルエンザ薬タミフルの完全化学合成に成功し、注目を集めました。

Rudolph Marcus教授、K.B.Sharpless教授、Robert Grubbs教授など、過去のCenternary Medal受賞者にはノーベル賞化学者も多く、大変名誉ある賞の一つです。日本人としては野依教授以来19年ぶりの受賞となります。

 

関連リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  2. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  3. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  4. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新
  5. 化学グランプリ 参加者を募集
  6. Nature Chemistryデビュー間近!
  7. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  8. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. さあ分子模型を取り出して
  2. 新海征治 Seiji Shinkai
  3. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  4. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  5. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  6. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  7. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  8. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  9. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  10. 紹介会社を使った就活

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP