[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald

[スポンサーリンク]

スティーヴン・L・バックワルド(Stephen L. Buchwald, 1955年xx月xx日-)は、米国の有機化学者である(写真:MIT Chemistry)。マサチューセッツ工科大学教授。遷移金属を用いる触媒反応の開発で著名。

経歴

1977 ブラウン大学 学士号取得
1982  ハーバード大学 博士号取得
1982 カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Robert H. Grubbs教授)
1984 マサチューセッツ工科大学 助教授
1989 マサチューセッツ工科大学 准教授
1993 マサチューセッツ工科大学 教授

 

受賞歴

19xx アーサー・C・コープ スカラー賞
2000 ACS Organometallic Chemistry Award
2000 MERIT award
2005 CAS Science Spotlight Award
2006 American Chemical Society’s Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
2006 Siegfried Medal Award
2010 Gustavus J. Esselen Award for Chemistry
2013 Arthur C. Cope Award
2014 Linus Pauling Medal Award
2014 Ulysses Medal (University College Dublin)
2014 BBVA Frontiers in Knowledge Award
2016 William H. Nichols Medal
2019 Roger Adams Award in Organic Chemistry

 

研究

遷移金属触媒を用いる新規有機合成反応の開発

彼の名を冠するパラジウム触媒反応(Buchwald-Hartwigクロスカップリング)、および銅触媒によるアミノ化反応(Goldberg反応の触媒化)の業績が特に有名である。

buchwald_hartwig_coupling_1.gif
Buchwald-Hartwigクロスカップリング
goldberg_2.gif
Goldberg反応

Buchwald配位子(ジアルキルビアリールホスフィン配位子)の開発

コメント&その他

トムソンISI社の2007年度調査に依れば、化学分野での論文引用数は世界第13位となっています。

関連論文

  • Chung, C.Y., Khurana, V., Auluck, P. K., Tardiff, D. F., Mazzulli, J. R., Soldner, F. Baru, V., Lou, Y., Freyzon, Y., Cho, S., Mungenast, A., Muffat, J., Mitalipova, M., Pluth, M. D., Jui, N. T., Schüle, B., Lippard, S. J., Tsai, L., Krainc, D., Buchwald, S. L., Jaenisch, R. and Lindquist, S.Science, 2013, 342, 983.
  • Cho, E.J., Senecal, T.D., Kinzel, T., Zhang, Y., Watson, D.A., and Buchwald, S.L. Science, 2010, 328, 1679.
  • Watson, D.A., Su, M., Teverovskiy, G., Zhang, Y., Garcia-Fortanet, J., Kinzel, T. and Buchwald, S.L. Science 2009, 325, 1661.
  • Martin, R. and Buchwald, S.L. Acc. Chem. Res. 2008, 41, 1461.
  • Warner B.P.; Millar, S.P.; Broene, R.D.; Buchwald, S.L. Science, 1995, 269, 814.
  • Broene, R.D.; Buchwald, S.L. Science 1993, 261, 1696.

ケムステ内関連記事

関連試薬

東京化成工業

Xantphos: 4,5-Bis(diphenylphosphino)-9,9-dimethylxanthene

CAS: 161265-03-8

製品コード: B2709

値段: 1g 8400円 (2008.10.18 現在)

用途:配位子

説明:非常に活性の高いBuchwald-Hartwigクロスカップリングの配位子として用いられています

PdCl2(dppf): Dichloro[1,1′-bis(diphenylphosphino)ferrocene]palladium

CAS: 72287-26-4

製品コード: B2064

値段: 1g, 8100円 (2008.10.18 現在)

用途:有機金属触媒

説明: Buchwald-Hartwigクロスカップリングに一般的によく用いられる触媒です。

その他のPd触媒:Pd触媒 / Catalyst for Cross-coupling Reactions(TCIメール)

Aldrich

SPhos: 2-Dicyclohexylphosphino-2′,6′-dimethoxybiphenyl

分子量:410.53

CAS: 657408-07-6

製品コード: 638072

値段: 1g, 18,400円 (2008.10.22 現在)

用途:配位子

説明: 立体障害の大きな芳香族及び芳香族ヘテロ環ハロゲン化物の鈴木-宮浦反応全般に広く利用可能な配位子であるがBuchwald-Hartwigクロスカップリングにも用いられる。

XPhos: 2-Dicyclohexylphosphino-2′,4′,6′-triisopropylbiphenyl

分子量:476.72

CAS: 564483-18-7

製品コード: 638064

値段: 1g, 15,000円 (2008.10.22 現在)

用途:配位子

説明: Pd触媒による非活性な芳香族及び芳香族ヘテロ環塩化物とのカップリング反応に極めて有効です

文献:Billingsley, K.; Buchwald, S. L. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 3358.

その他の配位子に関する記述:C-C, C-N, C-O結合生成のためのBuchwaldホスフィン配位子(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)

 

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  2. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  3. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  4. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen
  5. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  6. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  7. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  8. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  2. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  4. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  5. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  6. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  7. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  8. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  9. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  10. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP