[スポンサーリンク]


天然物化学

  1. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖質化学,有機合成化学,ケミカルバイオロジー。2020年現在,慶應義塾大学理工学部応用化学科 准教授。 (さらに…)…

  2. 千田憲孝 Noritaka Chida

    千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

  3. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?

    60年以上不明だったマジックマッシュルームの青色化メカニズムが解明された。青色色素の構造と生合成経路…

  4. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

    第63回の海外化学者インタビューは日本から、矢島 新 教授です。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科…

  5. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

  6. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

  7. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

  8. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

  9. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

  10. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  11. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  12. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide

  13. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  14. 生合成研究の記事まとめ

  15. シリンドロシクロファン生合成経路の解明

  16. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  2. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  3. 2007年度イグノーベル賞決定
  4. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  5. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  6. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  7. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

PAGE TOP