[スポンサーリンク]


実験

  1. 有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBase

    有機化合物を取り扱っている研究者の皆様。構造決定の際にはNMRを代表とするスペクトルを測定すると思います。それでは既知の化合物のスペクトルを確認したいときはどうしますか?様々な方法があると思います。例えば以下の方法。 SciFin…

  2. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

    突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

  3. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™

    化合物を合成して、精製し、純品の生成物ができたとき、どこかに保存すると思います。もしくは、反応がうま…

  4. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

    さて、今回はちょっと変わり種の話題。低温実験のお供、寒剤についてです。英語の実験系ウェブサイトChe…

  5. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

    はじめまして。本年より新たにケムステスタッフに加えて頂きましたgladsaxeといいます。現在博…

  6. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

  7. 有機合成テクニック集[ケムステ版]

  8. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

  9. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」

  10. 実験の再現性でお困りではありませんか?

  11. 今さら聞けないカラムクロマト

  12. 新人化学者の失敗ランキング

  13. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』

  14. 日本にあってアメリカにないガラス器具

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 渡辺化学工業ってどんな会社?
  2. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  3. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  4. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  5. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  6. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  7. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

注目情報

最新記事

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

PAGE TOP