[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. 安全なジアゾメタン原料
  2. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  5. コランヌレン : Corannulene
  6. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  7. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  8. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  2. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  3. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  4. PACIFICHEM2010に参加してきました!Final!
  5. き裂を高速で修復する自己治癒材料
  6. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  7. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  8. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  9. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  10. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

PAGE TOP