[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  3. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  4. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  5. BTQBT : BTQBT
  6. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  8. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  2. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ②
  5. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  6. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  7. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  8. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  9. サリンを検出可能な有機化合物
  10. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP