[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフ…
  2. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  3. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  4. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  5. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  6. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  7. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  8. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リピトールの特許が切れました
  2. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発
  3. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  4. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  5. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  6. 新海征治 Seiji Shinkai
  7. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  8. 日本酸素記念館
  9. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  10. ゲルマニウムビニリデン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP