[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  3. Accufluor(NFPI-OTf)
  4. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  5. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  6. C60MC12
  7. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  8. 進化する カップリング反応と 応用展開

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  2. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  3. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  4. Essential Reagents for Organic Synthesis
  5. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  6. ドーパミンで音楽にシビれる
  7. 田辺シリル剤
  8. 研究室での英語【Part 3】
  9. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  10. 糖鎖合成化学は芸術か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP