[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. ニュースタッフ追加
  2. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  4. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  8. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  2. 化学のあるある誤変換
  3. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  4. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  5. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  6. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  7. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~
  8. 生物のデザインに学ぶ-未来をひらくバイオミメティクス-に行ってきました!
  9. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  10. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP