[スポンサーリンク]

archives

ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成

[スポンサーリンク]

M0043.gif


?茶谷らは,ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン誘導体の合成を報告しています。それによれば,種々の2-イソシアノビフェニル誘導体とボロン酸を Mn(acac)3の存在下で反応させることにより,比較的温和な条件下,高収率でフェナントリジン誘導体が得られます。この反応は,イミドイルラジカル中間体を経由した分子内ホモリティック芳香族置換反応(HAS)により進行しているものと考えられます。

M. Tobisu, K. Koh, T. Furukawa, N. Chatani, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 11363.

関連記事

  1. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  2. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  3. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  4. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  5. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  6. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  7. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  8. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 企業の研究開発のつらさ
  2. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  3. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction
  4. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  5. レスベラトロール /resveratrol
  6. ミック因子 (Myc factor)
  7. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  9. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  10. メビウス芳香族性 Mobius aromacity

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP