[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

[スポンサーリンク]

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。 ジョージア大学准教授。(引用:University of Georgia)

経歴

2000 マサチューセッツ工科大学 卒業(Stephen Buchwald教授)
2005 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Brian Stoltz教授)
205-2008 スタンフォード大学 博士研究員(Barry Trost教授)
2008-2014 コロラド州立大学 助教授
2014-現在 ジョージア大学 准教授

受賞歴

2000 Merck Index Award
2011 Thieme Chemistry Journal Award

研究概要

新規触媒的有機合成法の開発と天然物合成への応用

最近ではクロム光レドックス触媒を用いる有機合成法の開拓[1]、白金触媒による環化異性化を鍵反応とするGelsenicineの全合成[2]などで顕著な業績をあげている。mcontent

ja-2015-12263t_0007

関連文献

  1. (a) Stevenson, S. M.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 6506. DOI: 10.1002/anie.201501220 (b) Higgins, R. F.; Fatur, S. M.; Shepard, S. G.; Stevenson, S. M.; Boston, D. J.; Ferreira, E. M.; Damrauer, N. H.; Rappé, A. K.; Shores, M. P. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 5451. DOI: 10.1021/jacs.6b02723 (c) Stevenson, S. M.; Higgins, R. F.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Chem. Sci. 2017, 8, 654. DOI: 10.1039/C6SC03303B
  2. Newcomb, E. T.; Knutson, P. C.; Pedersen, B. A.; Ferreira, E. M. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 108. DOI: 10.1021/jacs.5b12263

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  2. 名古屋メダル―受賞者一覧
  3. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  4. デイヴィット・ベイカー David Baker
  5. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  6. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  7. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMill…
  8. 焦宁 Ning Jiao

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フタロシアニン-化学と機能-
  2. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  3. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授
  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  5. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加
  6. 第38回有機金属若手の会
  7. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  8. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  9. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  10. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

基礎材料科学

概要本書では,材料科学を「マルチスケールにわたる物質の階層性を理解し,その特性を人々の生活に…

第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

第45回目の研究者インタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者である、東京大学の大栗博毅先生にお…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP