[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

[スポンサーリンク]

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。 ジョージア大学准教授。(引用:University of Georgia)

経歴

2000 マサチューセッツ工科大学 卒業(Stephen Buchwald教授)
2005 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Brian Stoltz教授)
205-2008 スタンフォード大学 博士研究員(Barry Trost教授)
2008-2014 コロラド州立大学 助教授
2014-現在 ジョージア大学 准教授

受賞歴

2000 Merck Index Award
2011 Thieme Chemistry Journal Award

研究概要

新規触媒的有機合成法の開発と天然物合成への応用

最近ではクロム光レドックス触媒を用いる有機合成法の開拓[1]、白金触媒による環化異性化を鍵反応とするGelsenicineの全合成[2]などで顕著な業績をあげている。mcontent

ja-2015-12263t_0007

関連文献

  1. (a) Stevenson, S. M.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 6506. DOI: 10.1002/anie.201501220 (b) Higgins, R. F.; Fatur, S. M.; Shepard, S. G.; Stevenson, S. M.; Boston, D. J.; Ferreira, E. M.; Damrauer, N. H.; Rappé, A. K.; Shores, M. P. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 5451. DOI: 10.1021/jacs.6b02723 (c) Stevenson, S. M.; Higgins, R. F.; Shores, M. P.; Ferreira, E. M. Chem. Sci. 2017, 8, 654. DOI: 10.1039/C6SC03303B
  2. Newcomb, E. T.; Knutson, P. C.; Pedersen, B. A.; Ferreira, E. M. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 108. DOI: 10.1021/jacs.5b12263

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  2. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  3. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  5. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  6. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  7. 田中耕一 Koichi Tanaka
  8. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  2. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  3. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  4. キラルオキサゾリジノン
  5. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  6. 汝ペーハーと読むなかれ
  7. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  8. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  9. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  10. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP