[スポンサーリンク]

一般的な話題

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

[スポンサーリンク]

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。

今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転子)を紹介します。

均一系ならばまだ大丈夫ですが、不均一系の反応には撹拌がかかせません。もちろん撹拌を行うスターラーはよいものを準備したいところですが、反応を撹拌させるのは撹拌子です。

撹拌の大きさにより、様々な大きさの撹拌子が必要で、形状もお気に入りの形状が研究者、研究室によって千差万別です。撹拌効率などを考えて、いくつかのカタチの撹拌子を試してみました。

今回試した撹拌子はこれ!

今回準備した撹拌子は以下の15種類。

  1. 1-4206-05 回転子(PTFE樹脂製)30×φ8mm
  2. 1-2084-05 音が静かな撹拌子(静音撹拌子) 30mm
  3. 1-5407-04 オクタゴン回転子 25×φ8mm 001.525
  4. 1-5410-02 オーバル回転子 25×φ10mm 001.625.10
  5. 1-5411-02 トライアングル回転子 25×8mm 001.4250
  6. 3-550-02 取り外しリング付回転子  58949-018
  7. 3-586-02 円盤型回転子 φ7.9×36mm 赤  58947-882
  8. 3-561-02 低速対応クロス回転子 250mL用  58949-026
  9. 3-548-02 クロスヘッド回転子  58948-996
  10. 4-1645-02 回転子 サターン 50mm  89030-914
  11. 3-549-03 高速対応クロス回転子  58947-824
  12. 1-6618-03 強力撹拌子(シリンダー型)φ6×25mm
  13. 7-222-01 フロート撹拌子 28.0×φ54.0mm DS6630-0250
  14. 1-3252-01 マイクロ回転子 3×φ3mm 2個入り
  15. 3-6659-03 セミミクロ撹拌子 (バリュー) φ3×6mm フットボール A 3×6

 

安価で普通のものから、こんなのどこで使うの?という特殊なものまで試してみました。音が静かな撹拌子は接地面積が少ない静音設計です。普通にほしいのはよく使われる4ですね。9もものすごく回転がスムーズだったので、良いと思います。磁力が弱いスターラーを使っている方は12がおすすめです。14,15はいくらあってもうれしいですね(すぐに見失ってなくしてしまう)。クロス型の回転子や大きいものは、撹拌力が高く、とってもよいのですが、残念ながら当たり前ですが、口が小さなナスフラスコには入らないものがありました。13は化学では使用用途が不明でしたが、もっとも高価な回転子です。

体験動画です

今回はすこしフォーマットを変えてお届けしています。いつも登場している3名の学生に協力してもらいました。彼らはノリもよいですが、化学もよくできるので見かけたときはぜひ声をかけてあげてください。

スペシャルサンクス!

なお今回もこれらの撹拌子、すべてアズワン株式会社からご提供いただきました。この場を借りて感謝申し上げます。製品の写真はAXELから転載許可をいただきました。併せて御礼申し上げます。

今回の商品 from Amazon

*商品をこのWebサイト経由で個人的に購入することはできないので、個人的に購入したい方はAmazonなどをご利用下さい。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  2. リンダウ会議に行ってきた②
  3. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1
  4. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  5. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  6. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子…
  7. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  8. 引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri-tert-butylphosphonium Tetrafluoroborate
  2. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  3. 最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた
  4. 高知和夫 J. K. Kochi
  5. 石見銀山遺跡
  6. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  7. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  8. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  9. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  10. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP