[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

[スポンサーリンク]

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有機金属化学を用いて合成、材料、エネルギーの問題に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

皮肉にすぎますが、有機化学によってです。生物学を勉強し、一般化学を学んでいましたが、あまり刺激的ではありませんでした。化学者は分子を作れるという考えを進めたのは有機化学でした。それ以来、分子、特に今まで見たことのないものを作るという考えに駆り立てられています。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

もし化学者でなかったら、他の何かになりたいです。もし化学者でなかったら、窓清掃員ですね!ゴシゴシ・・・。まじめな話、決めるのは難しいです。教授が仕事なのでそれが可笑しいのですが、人に会って何をしているのか聞かれると本能的に化学者と答えるので、化学者をあきらめるのは難しいのでしょう。

料理学校に行ってシェフにならねばと思います。創造性と新しいものづくりを組み合わせたもう一つの職業に思えます。加えて、何をしているか人々に説明するのが簡単です。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学はすでに多大な貢献をしてきましたが、その栄光に科学が甘んじるタイミングではありません。現在、エネルギー分野は化学が大きな貢献をしており、切実に必要とされている分野でもあります。より効率的プロセスやグリーンな合成、太陽エネルギーをより有効利用するための新技術、二酸化炭素の浄化に至るまで、こういったものはすべて化学的な問題です。他の多くの分野に化学が大きな影響を与えないこともないでしょうが、エネルギー危機は、優先順位を上げて取り組まれるべき圧力をうけていますし、今後もそうあるでしょう。究極的には、こうしたエネルギー問題のほとんどは、根源的には化学結合の形成と切断、あるいは新しい分子の構築に関連しています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

歴史上の人物とディナーに行くのはあまり好きではありません。それは失望にいたる公式のようなものです。しかし、Alfred Wernerと配位化学について話すと楽しいでしょう。それ以上に、その時代から我々が学んできたいくつかを彼と共有し、彼のリアクションを見るのは、ワイルドなことです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

今朝、アレーンの臭素化を終え、アミンを保護していくつかの新しい配位子を合成したのですが、すべて既知のケミストリーです。つい最近、新しいニッケル錯体を作りましたが、良い結合形成触媒になると期待しています。ニッケル錯体が作れることは分かったのですが、触媒作用についてはよくわからないのです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

CD選びは簡単です。Duran Duranの 「Greatest」 にします。本は少しだけ難しいです。「取り残された」が意味する時間の長さを考え、ニーチェの「ツァラトゥストラはかく語りき」を選びます。Duran Duranにとってはいい添え物になるでしょう。どんなことをして取り残されたのかが知りたいですね・・・おそらくはJames Marshallの「George and Martha:The Complete Stories of Two Best Friends」を読んでいるうちに、社会に戻れることでしょう・・・

 

原文:Reactions – Rory Waterman

※このインタビューは2008年11月28日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Gr…
  2. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発…
  3. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教…
  4. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…
  5. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  6. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Cla…
  7. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost…
  8. 第44回「100%の効率を目指せば、誤魔化しのないサイエンスが見…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学術論文を書くときは句動詞に注意
  2. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?
  3. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  4. 100 ns以下の超高速でスピン反転を起こす純有機発光材料の設計
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  7. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  8. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  9. オルト−トルイジンと発がんの関係
  10. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP