[スポンサーリンク]


酸化

  1. 庄野酸化 Shono Oxidation

    概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミンα位の官能基化反応として有用である。 (さらに…)…

  2. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

    酸素を再酸化剤として用いる触媒的Dess–Martin型酸化が報告された。豊富に存在する酸素を再酸化…

  3. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  4. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  5. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

    第65回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学・博士前期課程2年の安川直樹さんにお願いしました。…

  6. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

  7. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

  8. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  9. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  10. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

  11. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

  12. アルコールを空気で酸化する!

  13. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  14. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  15. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

  16. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  2. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  3. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  4. 光で2-AGの量を制御する
  5. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授
  6. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  7. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP