[スポンサーリンク]


酸化

  1. 庄野酸化 Shono Oxidation

    概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミンα位の官能基化反応として有用である。 (さらに…)…

  2. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

    酸素を再酸化剤として用いる触媒的Dess–Martin型酸化が報告された。豊富に存在する酸素を再酸化…

  3. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・W…

  4. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  5. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

    第65回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学・博士前期課程2年の安川直樹さんにお願いしました。…

  6. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

  7. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

  8. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  9. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  10. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

  11. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

  12. アルコールを空気で酸化する!

  13. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  14. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  15. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

  16. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  2. ナノってなんて素敵ナノ
  3. CAS番号の登録が1億個突破!
  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル化反応
  5. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  6. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  7. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP