[スポンサーリンク]


酸化

  1. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・Whiteらのグループによって開発された。この中間体は多能性を持ち、5位置換プロリン・鎖状カルボン酸・アルコール・アミン・オレフィンなどへと変…

  2. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  3. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

    第65回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学・博士前期課程2年の安川直樹さんにお願いしました。…

  4. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

    第54回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科金井研究室で研究をされていた谷口敦彦…

  5. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として…

  6. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  8. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

  9. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

  10. アルコールを空気で酸化する!

  11. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  12. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  13. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

  14. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  2. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  3. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  4. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  5. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  6. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2
  7. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

注目情報

最新記事

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

PAGE TOP