[スポンサーリンク]


酸化

  1. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

    保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・Whiteらのグループによって開発された。この中間体は多能性を持ち、5位置換プロリン・鎖状カルボン酸・アルコール・アミン・オレフィンなどへと変…

  2. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  3. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

    第65回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学・博士前期課程2年の安川直樹さんにお願いしました。…

  4. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

    第54回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科金井研究室で研究をされていた谷口敦彦…

  5. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate

    概要バナジル(アセチルアセトナト)触媒はt-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)を再酸化剤として…

  6. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  8. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

  9. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

  10. アルコールを空気で酸化する!

  11. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  12. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  13. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

  14. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

  15. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法・その4
  2. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  3. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  4. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  5. ゴム状硫黄は何色?
  6. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  7. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

注目情報

最新記事

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

PAGE TOP