[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

保護プロリン5位を選択的に酸化し、5-ヒドロキシプロリンを中~高収率で合成する方法がイリノイ大学・Whiteらのグループによって開発された。この中間体は多能性を持ち、5位置換プロリン・鎖状カルボン酸・アルコール・アミン・オレフィンなどへと変換することで多彩な非天然アミノ酸・ペプチドへと誘導可能である。

“Oxidative diversification of amino acids and peptides by small-molecule iron catalysis”
Osberger, T. J.; Rogness, D. C.; Kohrt, J. T.; Stepan, A. F.; White, M. C. Nature 2016, 537, 214–219. doi:10.1038/nature18941

問題設定と解決した点

 非天然アミノ酸含有ペプチドはとりわけ医薬応用に適するが、ほとんどの場合、固相合成などで初期段階からそれを組み込んでいく必要がある。予め作り上げられたペプチドをLate-Stageで誘導体化できれば、多種多様な構造を持つ非天然ペプチドライブラリを迅速に構築することができる。

 本論文ではプロリン5位選択的なLate-Stage C-H酸化を用いることで、多能性中間体である5-ヒドロキシプロリンへと導き、様々な非天然アミノ酸含有ペプチドへと誘導化する方法論を報告している。

技術・手法の肝

 既存法に従う限り、5位置換プロリンはグルタミン酸から数工程を経て合成しなければならなない。C-H変換経由での短工程変換を行おうとすると、通常は最も結合解離エンタルピー(BDE)が小さいC-H結合が切断される。ゆえに2位C-H結合(87 kcal/mol)切断が5位C-H結合(90 kcal/mol)よりも優先され、またこの過程で立体情報も消失してしまう。

 Whiteらが開発したFe(PDP)触媒[1]はかさ高い求電子的酸化触媒であり、立体的・電子的に最も切断しやすいC-H結合を標的とする。このため2位C-H結合よりも空いており、かつ電子豊富(窒素の超共役効果のため)である5位を選択的に酸化する。

 また、Fe(PDP)触媒はバリン/ロイシン側鎖などの三級C-H酸化も進行させる。バリン/ロイシンとプロリンの両方を含むペプチドに対しては、より嵩高いFe(CF3PDP)触媒[2]を用いることで、プロリンのみを選択的に酸化することが可能である。

主張の有効性検証

 N-Nsプロリンメチルエステルを基質に、既報条件[1]に基づきFe(PDP)(25 mol%)を用いて反応を行うと、グルタミン酸誘導体が生じた(式1)。この過剰酸化を抑えるためより穏和な条件(0℃、触媒量15mol%を段階的に加える)で反応を行うと、5-ヒドロキシプロリンが選択的に得られることが分かった(式2)。一方、N-Bocプロリンメチルエステルを同条件に伏すと過剰酸化体であるピログルタミン酸が主に得られた(式3)。

 5-ヒドロキシプロリンは多能性の中間体であり、下記スキームのように多彩な変換が可能である。特に含プロリン環状オリゴペプチドをLate-Stageで変換できる例は注目に値する(プロリンの導入は配座を制限し、大員環化反応を進行させやすくする効果がある)。

議論すべき点

  • Friedel-Crafts反応に依拠するため、導入される芳香環には電子供与基が必須である。芳香環における位置選択性もさほどよくない。立体選択性も嵩高いNs基によって生み出されているらしく、ペプチド中でもこの選択性を出せるかは疑問。
  • なるべく選択的な条件にしているとはいえ、収率は全体的に低め。おそらくは過剰酸化体の併発が原因。
  • 酸化に弱いペプチド側鎖はやはり保護が必要(チロシン側鎖はトリフラートとして保護している)。

次に読むべき論文は?

  • プロリン以外のアミノ酸、例えばバリンやロイシンなどにおける直接誘導体化。
  • White触媒の設計に関する論文[1,2]
  • ペプチド大員環合成、その医薬特性に関する総説など

参考文献

  1. (a) Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597 (b) Chen, M. S.; White, M. C. Science 2010, 327, 566. DOI: 10.1126/science.1183602
  2. Gormisky, P. E.; White, M. C. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 14052. DOI: 10.1021/ja407388y
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ひどい論文を書く技術?
  2. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反…
  3. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  5. 文献管理ソフトを徹底比較!
  6. 未来のノーベル化学賞候補者
  7. 未来の化学者たちに夢を
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  2. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  3. as well asの使い方
  4. スイスでポスドクはいかが?
  5. 安積徹 Tohru Azumi
  6. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  7. アジサイには毒がある
  8. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  9. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応
  10. スーパーブレンステッド酸

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP