[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表

[スポンサーリンク]

英語ですが、見て分かるインパクトある動画なのでぜひご覧ください。

この“Create a Chemical Reaction”は、シカゴにあるMuseum of Science and Industryにて、2010年春から公開されているインタラクティブ展示のひとつです。

マルチタッチスクリーンに投影された周期表にカーソルを合わせると、ビジュアル解説がポップアップされてきます。

WS000081.JPGそれだけにはとどまらず、なんと元素をドラッグアンドドロップして混ぜ合わせ、化学反応を起こすことまで体験できる仕組みになっています。たとえばNaとClを混ぜ合わせると、食塩が上から降って来る、といった具合。残念ながらもちろん実物が降ってくるワケではなく、映像なんですが・・・(^.^)

WS000079.JPGその化学反応パターンはなんと350種類以上

公開当初から人気となり、毎日何千人もの人が体験しているそうです。
こういう楽しいコンテンツが、日本にももっと増えるとよいなあ、と思いますね。

  • 関連書籍
  • 関連リンク

Create a Chemical Reaction  製作会社PattenStudioによる紹介

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  2. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  3. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)…
  4. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  5. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  6. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  7. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線…
  8. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  2. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?
  3. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化
  4. Pure science
  5. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  6. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見
  7. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  8. ついに成功した人工光合成
  9. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  10. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP