[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表

英語ですが、見て分かるインパクトある動画なのでぜひご覧ください。

この“Create a Chemical Reaction”は、シカゴにあるMuseum of Science and Industryにて、2010年春から公開されているインタラクティブ展示のひとつです。

マルチタッチスクリーンに投影された周期表にカーソルを合わせると、ビジュアル解説がポップアップされてきます。

WS000081.JPGそれだけにはとどまらず、なんと元素をドラッグアンドドロップして混ぜ合わせ、化学反応を起こすことまで体験できる仕組みになっています。たとえばNaとClを混ぜ合わせると、食塩が上から降って来る、といった具合。残念ながらもちろん実物が降ってくるワケではなく、映像なんですが・・・(^.^)

WS000079.JPGその化学反応パターンはなんと350種類以上

公開当初から人気となり、毎日何千人もの人が体験しているそうです。
こういう楽しいコンテンツが、日本にももっと増えるとよいなあ、と思いますね。

  • 関連書籍
  • 関連リンク

Create a Chemical Reaction  製作会社PattenStudioによる紹介

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会…
  2. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  3. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション…
  4. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  6. 軸不斉のRとS
  7. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  8. 反応の選択性を制御する新手法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生物学的等価体 Bioisostere
  2. ケミカルバイオロジー chemical biology
  3. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  4. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)
  5. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  6. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  7. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  8. アセチレン、常温で圧縮成功
  9. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  10. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP