[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんにお願いしました。本日の1つ前の記事にすでに研究内容を紹介しています。有機触媒領域の世界トップランナー群を走り続ける大井研では、光エネ…

  2. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  3. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  4. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  6. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  7. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  8. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  9. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  10. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  11. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  12. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  13. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  14. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  15. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  16. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  2. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  3. 有用なりん化合物
  4. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  5. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う
  7. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP