[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

    デヴィッド・A・ナギーブ(David A. Nagib、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。オハイオ州立大学 助教授(写真:nagiblab)。 (さらに…)…

  2. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

    2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

    9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

  4. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  6. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  7. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  8. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  9. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  10. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  11. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  12. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  13. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  14. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  15. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  16. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 前田 浩 Hiro Maeda
  2. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  3. 下村 脩 Osamu Shimomura
  4. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  5. 石テレ賞、山下さんら3人
  6. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  7. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

PAGE TOP