[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、可視光照射下にヨウ化アリールからアリールパラジウムラジカル種が生成することを見いだした。これが促進する1,5-HAT過程を起点とし、シリルエ…

  2. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

    アリル位の新しいC–Hカップリングが報告された。Cp*Rh(Ⅲ)錯体を用いた脱水素型クロスカップリン…

  3. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子…

  4. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

    「ケムステ海外研究記」の第21回目は、南條毅さんにお願いしました。南條さんはイリノイ大学アー…

  5. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

    2017年、ソウル大学校の Soon Hyeok Hongらは、C(sp3)-H結合の直接的チオカル…

  6. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  7. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  8. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  9. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  10. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  11. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

  12. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

  13. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  14. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  15. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  16. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

スポンサー

ピックアップ記事

  1. (+)-sieboldineの全合成
  2. 材料適合性 Material compatibility
  3. カフェイン caffeine
  4. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  5. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  6. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用
  7. as well asの使い方

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP