[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子を必要とせず、多くの基質において空気下で反応が進行する。Catellani反応とその応用炭素–水素結合を直接炭素–炭素結合へと変換す…

  2. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

    「ケムステ海外研究記」の第21回目は、南條毅さんにお願いしました。南條さんはイリノイ大学アー…

  3. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

    2017年、ソウル大学校の Soon Hyeok Hongらは、C(sp3)-H結合の直接的チオカル…

  4. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

    ジョン・ホプキンス大学のThomas Lectkaらは、ユビキタス官能基であるケトンを配向基として用…

  5. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

  6. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  7. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  8. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

  10. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

  11. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  12. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  13. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  14. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  15. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  16. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  2. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~
  3. 青いセレンディピティー
  4. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  5. メタンガスと空気からメタノールを合成する
  6. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  7. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP