[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下にC(sp3)-Hザンチル化(ジチオカーボネート基導入)を行える試薬を開発した。高レベルの位置選択性および官能基受容性を示し、複雑化合物のL…

  2. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  3. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

    東京大学・井上将行らのグループは、高度に酸素官能基化された難関天然物・ザラゴジン酸Cの全合成を達成し…

  4. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

    2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

  5. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

    第96回目のスポットライトリサーチは、道上健一さんにお願いしました。道上さんは北海道大学大学…

  6. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  7. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  8. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  9. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  10. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  11. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  12. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  13. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

  14. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

  15. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法

  16. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Tanabe Fragmentation
  2. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  3. 化学でもフェルミ推定
  4. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)
  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(4)

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP