[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。経歴2010 Albert-Ludwigs Universität,…

  2. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

    不活性なアルケンの効率的なsp3C–Hボリル化反応が開発された。鍵はジピリジルアリールメタン配位子を…

  3. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんに…

  4. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  5. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  6. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

  7. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

  8. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  9. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  10. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  11. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  12. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  13. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  14. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  15. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  16. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. キレーション療法ってなに?
  2. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  3. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  4. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  5. 【技術者・事業担当者向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と脱炭素化 〜ケミカルリサイクル、焼成、乾燥、金属製錬など〜
  6. カンファー(camphor)
  7. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

PAGE TOP