[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんにお願いしました。本日の1つ前の記事にすでに研究内容を紹介しています。有機触媒領域の世界トップランナー群を走り続ける大井研では、光エネ…

  2. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  3. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  4. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  6. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  7. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  8. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  9. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  10. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  11. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  12. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  13. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  14. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  15. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  16. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  2. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  3. 論説フォーラム「研究の潮目が変わったSDGsは化学が主役にーさあ、始めよう!」
  4. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  5. 天然の日焼け止め?
  6. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  7. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測

注目情報

最新記事

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

PAGE TOP