[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

    不活性なアルケンの効率的なsp3C–Hボリル化反応が開発された。鍵はジピリジルアリールメタン配位子を用いたことであり、neat条件下、またシクロヘキサン溶媒中5当量に基質を減らしても反応が進行する。Ir触媒による不活性アルカンのsp3C…

  2. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんに…

  3. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  5. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  6. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

  7. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  8. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  9. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  10. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  11. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  12. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  13. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  14. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  15. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  16. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  2. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  3. アクリルアミド /acrylamide
  4. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  5. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入
  6. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  7. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

注目情報

最新記事

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

PAGE TOP