[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんにお願いしました。本日の1つ前の記事にすでに研究内容を紹介しています。有機触媒領域の世界トップランナー群を走り続ける大井研では、光エネ…

  2. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  3. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  4. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  5. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  6. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  7. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  8. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  9. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  10. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  11. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  12. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  13. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  14. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  15. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  16. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  2. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  3. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  4. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  5. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  6. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  7. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

PAGE TOP