[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。令和元年第一号(2019年第二号)はC–H活性化反応について。有機化学分野で近年合成化学者が最も取り組んでいる課題の1つです。まだまだ多く…

  2. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

    第193回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科(金井研究室)・三ツ沼治信 助教に…

  3. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

    クロスカップリングおよびイソキノリンの不斉水素化を鍵反応とした(–)-jorunnamycin A,…

  4. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

  5. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

    アリル位の新しいC–Hカップリングが報告された。Cp*Rh(Ⅲ)錯体を用いた脱水素型クロスカップリン…

  6. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  7. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  8. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  9. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  10. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  11. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  12. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

  13. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  14. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

  15. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

  16. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コーヒーブレイク
  2. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  3. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  4. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  5. 分子模型を比べてみた
  6. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  7. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】

注目情報

最新記事

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

PAGE TOP