[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

    不活性なアルケンの効率的なsp3C–Hボリル化反応が開発された。鍵はジピリジルアリールメタン配位子を用いたことであり、neat条件下、またシクロヘキサン溶媒中5当量に基質を減らしても反応が進行する。Ir触媒による不活性アルカンのsp3C…

  2. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんに…

  3. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  5. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  6. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

  7. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  8. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  9. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  10. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  11. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  12. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  13. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  14. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  15. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  16. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  2. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授
  3. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclization
  4. 石テレ賞、山下さんら3人
  5. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  6. インドの化学ってどうよ
  7. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

PAGE TOP