[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. ボリル化剤を無駄なく使えるsp3C–H結合ボリル化

    不活性なアルケンの効率的なsp3C–Hボリル化反応が開発された。鍵はジピリジルアリールメタン配位子を用いたことであり、neat条件下、またシクロヘキサン溶媒中5当量に基質を減らしても反応が進行する。Ir触媒による不活性アルカンのsp3C…

  2. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

    第209回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(大井研究室)博士課程・中島翼さんに…

  3. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する

    光レドックス触媒とブレンステッド塩基の協働触媒を用いた、シリルエノールエーテルのアリル位C–Hアルキ…

  4. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現

    第202回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科(中村研究室)博士課程・道場 貴大さ…

  5. C–H活性化反応ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  6. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発

  7. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

  8. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  9. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

  10. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  11. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より

  12. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  13. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  14. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  15. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  16. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi
  2. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  3. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  4. 三和化学と住友製薬、糖尿病食後過血糖改善剤「ミグリトール」の共同販促契約を締結
  5. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  6. キムワイプLINEスタンプを使ってみよう!
  7. ギンコライド ginkgolide

注目情報

最新記事

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

PAGE TOP