[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法

    炭素—水素(C–H)結合直接変換反応は、分子内に存在するC–H結合を事前の官能基化を必要とせずに変換する反応です。特に遷移金属触媒による触媒的なC-H結合変換反応は現在の有機合成化学の一大潮流となっており、この化学者のつ…

  2. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

    有機ホウ素化合物は、ホウ素置換部位を様々な官能基へと変換できるため、有機合成において中間体として利用…

  3. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

    概要イリジウム触媒および電子供与型二座配位子を用いることで、芳香環ハロゲン置換体を経由しないC-…

  4. 同位体効果の解釈にはご注意を!

    化学反応の機構解析に威力を発揮する一つが速度論的同位体効果(KIE)の測定。ざっくり述べると、「重い…

  5. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

    トリアリールメタンの新規合成法が報告されたので紹介します。強みはC-H活性化で3枚目をつけること。

  6. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline

  7. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  8. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu

  9. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

  10. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応

  11. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi

  12. C-H酸化反応の開発

  13. アレーン類の直接的クロスカップリング

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  2. whileの使い方
  3. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  4. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  5. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  6. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  7. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

PAGE TOP