[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

    2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および可視光レドックス触媒を組み合わせることによって、温和な条件下でアルコールをアルキル化剤として用いるヘテロ芳香環のC-Hアルキル化を達成した。…

  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

    9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  5. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

    東京大学・井上将行らのグループは、高度に酸素官能基化された難関天然物・ザラゴジン酸Cの全合成を達成し…

  6. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  7. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  9. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  10. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  11. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  12. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  13. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  14. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  15. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

  16. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  2. 【医薬分野のみなさま向けウェブセミナー】マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開
  3. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  5. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  6. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  7. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

注目情報

最新記事

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

PAGE TOP