[スポンサーリンク]


C-H活性化

  1. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

    2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および可視光レドックス触媒を組み合わせることによって、温和な条件下でアルコールをアルキル化剤として用いるヘテロ芳香環のC-Hアルキル化を達成した。…

  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

    9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

  3. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

  4. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

    カタロニア化学研究所・Ruben Martinらは、臭化アルキルを基質とし、Br基から遠隔位のC(s…

  5. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

    東京大学・井上将行らのグループは、高度に酸素官能基化された難関天然物・ザラゴジン酸Cの全合成を達成し…

  6. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

  7. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  9. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  10. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  11. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  12. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  13. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  14. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  15. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

  16. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 地域の光る化学企業たち-1
  2. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成
  3. 大学入試のあれこれ ①
  4. 天然の日焼け止め?
  5. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  6. Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications
  7. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

注目情報

最新記事

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

PAGE TOP