[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授

[スポンサーリンク]

大好評の研究者へのインタビュー。第19回目は京都大学理学研究科准教授の依光英樹先生にお願いしました(2015年7月1日に同大学院教授に昇任されました。おめでとうございます。)。第10回の若宮先生、第18回の笹森先生からのご紹介です。個人的な意見ですが依光先生を含めたこの3人の京都大学の先生方は非常にアグレッシブで化学に熱く、次世代の有機化学をリードする研究者だと思っています(当然3人とも仲もとても良いです)。依光先生は主に有機合成反応の開発がご専門。最近では、所属している大須賀研究室の影響を受け、新反応を駆使した新規π電子系分子の創出にも力をいれています。いつも爽やかに化学を語る依光先生。慣例に習い、なぜ化学者になったのかその理由から聞きたいと思います。

 

Q. あなたが化学者になった理由は?

 

人生の分かれ目は3回あったと思います。3回というよりは3人ですかね。

一人目は高校一年の化学の先生。30歳ぐらいで某化学メーカーを退職してやってきた新任の先生で、一生懸命に授業をされるその姿に心を打たれてその先生を好きになり、それから化学はいいなと思いました。小さい頃から実験少年だった、とかいう理想的なことは全くありません。ただ、高知の田舎育ちなので、自然相手の遊びには事欠きませんでしたが。

二人目は父親ですね。私は中学校から英語が好きで(英語の先生に恵まれた)、将来は漠然と外交官になりたい、と思っていました。交渉とか情報収集とか全く向いていないので、やめといてよかったです。高校二年生になる直前に、ずっと単身赴任でほとんど顔を合わせることのなかった父親に「文系にするわ」と一言伝えると、「文系はアホが行くところやから理系にしとけ」という暴言を返され、くやしくて特に反論することもなく素直に理系に進みました。工業高校卒で建設の現場に携わっていた父には科学技術が日本を支えているというプライドがあったんでしょうね。そのあと大学に入るまでずっと「土木工学はどうや?」と言われ続けましたね。

まあ、それにはいつもの調子で反発して京大工学部工業化学科に進んで、大嶌先生にお会いできたのが化学者、研究者として生きることを決めた最終かつ最大の理由です。

大嶌 幸一郎

大嶌 幸一郎

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

 

なる願望でよければ、なんらかの芸術家でしょうね。人を驚かせたい、感動させたい。それに尽きます。ただ、美術も音楽も全くセンスがない。小学一年の息子の方が絵も歌もうまい。小説家の方がまだいいでしょうかね。現実的な路線だと、最先端技術開発に携わるエンジニアですね。リニアとかMRJとか聞くと日本の技術がんばれと心躍ります。

 

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

 

新しい有機合成反応の開発新しいπ電子系分子の創出を両輪として研究しています。

反応開発の方では、今は主に硫黄の特性を活かした反応に注目しています。多様な酸化状態を安定にとり得る硫黄にはまだまだ潜在的な能力があると感じています。「硫黄の化学を温故知新」がマイブームです。もちろんラジカルや遷移金属触媒は引き続き大好きですので、いろいろ組み合わせて遊んでいます。

新分子創出の方では、ヘテロ原子を含んだ平面型π電子系骨格の創出と機能開拓を目指しています。まだこれと言って目新しいものはできていないのですが、π電子系分子を合成していて「こういう反応がない」と頻繁に気付かされるのが今の楽しみです。新反応にせよ、新分子にせよ、心に残るものを見つけたいですね。そんなに簡単に見つかるものではありませんが5年に1回ぐらいは新しい概念を生み出すようなものが見つかれば御の字と思っています。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

山本五十六とか東郷平八郎とか、命を懸けて国家の存亡を担った人とお話ししたいですね。皆の命を預かる方はどのようなお人柄なのか、そのリーダーシップの源を感じ取りたい。日本の向かうべき方向性についてもお尋ねしたい。腹の据わったご意見をいただけるかと。最近だと松平容保も気になります。

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

実験ノートを片手にノスタルジーに浸れる機会を作っていただきありがとうございます。2006年11月にアリル化のための基質を作っていますね。最後の実験ノートではほとんど原料合成しかしていない。どこかの段階で、学生の実験にはかなわない、邪魔したらあかん、と悟り現役引退しました。大宮(現北大澤村研准教授)、平野(現阪大三浦研助教)を筆頭に鬼神のごとく実験をしていましたから。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

最近O先生からお借りして読んだ「等伯  」は、感動のあまり自分でも買って二回目読み直しています。空から見える地上絵でも書いて、自分がこの島にいた証を残したいです。けどやっぱり30度きざみの線画しか書けないような気がします。

 

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

ナンヤン工科大学の千葉俊介先生。東北大学の磯部寛之先生。大阪大学の三浦雅博先生。三者三様の魅力でインタビューにはもってこいかと。磯部先生とは同門なので推薦するのは少し躊躇しますが、きっと楽しい素顔を見せていただけると思います。


yorimitsu2

依光先生ありがとうございました。

 

 

関連リンク

 

依光英樹准教授の経歴

hideki_yorimitsu3京都大学大学院理学研究科化学専攻 准教授 (2015年7月より同大教授)

主とする研究は新規有機合成反応の開発とそれに基づく新分子・新現象の創出

1997年京都大学工学部工業化学科卒業後、同大学院に進学し2002年修了(工学博士)。同年、東京大学大学院理学系研究科化学専攻JSPS博士研究員(中村栄一教授)を経て、2003年京都大学大学院工学研究科材料化学専攻助手となる。2008年同大学院准教授となり、2009年より現職、今に至る。主な受賞は2009年日本化学会進歩賞、2011年文部科学大臣表彰 若手科学者賞、三井化学触媒科学奨励賞など。

 

 

*本インタビューは2013年3月に行いました。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  2. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Ma…
  3. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  4. 第106回―「分子の反応動力学を研究する」Xueming Yan…
  5. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教…
  6. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  7. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Flemin…
  8. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  2. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  3. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  4. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  5. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  6. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  7. フェノールのC–O結合をぶった切る
  8. イレッサ /iressa (gefitinib)
  9. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  10. 170年前のワインの味を化学する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP