[スポンサーリンク]

ケムステニュース

NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

[スポンサーリンク]

日本電子株式会社のNMR装置「NMR spectrometer Z」が、このたび2016年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。機能を確実に達成するロジカルな構成、高性能であることが伝わるシンプルでエモーショナルな形状、圧倒的な存在感と精緻感で、本製品の高いスペックを的確に表現していることが評価されました(引用:JEOLプレスリリース 2016年9月29日)。

分子の構造決定には欠かせない核磁気共鳴(NMR)装置。それがグッドデザイン賞を受賞したということで、気になってみてしまいました。確かにカッコイイですよね。機能的にも分光器の大きさが以前のものと比較し格段に小さくなっており、ぜひほしい一品です。そうはいっても汎用の400MHz NMRといえど、郊外のマンションが1部屋購入できるぐらいの価格なので簡単には購入できませんが。

ごく最近、デザイン性が高い理化学機器が増えている気がします。一般的には機器のデザインは古くから変わらず一見していつの時代のデザインだろう?と思わせるものがほとんど。一方で最近は理化学機器のデザインにデザイナーが関わっているものもあるらしいのです。研究に使うものなので機能重視!みためなんて関係ない!その分安くしろ!などなど否定的な意見があるかもしれませんが、私はこの流れ大歓迎です。

だって、カッコイイほうがやる気が出るじゃないですか。

新しくても汚らしい、センスがない機器を使っているよりも、ステキな様相でかつ機能性も充実したもの方が研究もうまくいっている気がします(気がするだけかもしれないですが、そこ重要です)。

さて折角なので、今回の記事では最近かっこよいなと思った機器をいくつか紹介しましょう。

LaboACE LC-5060:日本分析工業

2016-10-21_10-00-31

LaboACE LC-5060(出典:日本分析工業)

一見して、コーヒーサーバーか!と思わせるような見た目。リサイクル分取HPLCです。つい最近までお世辞にもかっこいいなんて思えないものでしたが(失礼)、デザインを一新したようです。サイズも元々そんなに大きくはなかったですが、このリサイクルHPLCはA3サイズ。研究室にA3用紙をおけるスペースがあれば置けちゃう感じです。リサイクルHPLCでは高いシェアを誇る日本分析工業がかなり力をいれた一品となっております。

Rotavapor® R-300:ビュッヒ

2016-10-21_10-09-23

Rotavapor® R-300(出典:日本ビュッヒ)

有機溶媒の留去には必須のエバポレーター。ビュッヒはもともとデザイン性に優れていますが、このエバポレーターは数々のグッドデザイン賞を総なめにしています。確かにカッコイイ。もちろん機能的にも突沸防止機能(フォームセンサー)や条件記録までそこまでいるのか?という機能がつまっています。そもそもビュッヒのエバポレータをもっている研究室はお金持ちというイメージがありますね。価格交渉すればかなりお安くなるのですが。

NOCEシリーズ:オリエンタル技研

2016-10-21_10-25-26

NCG-ST(出典:オリエンタル技研)

これまで安かろう悪かろう(また失礼!)というイメージがあったオリエンタル技研ですが、昨年からこんなステキなドラフトを発売しています。NOCEシリーズは2015年のグッドデザイン賞を受賞しているようです。こんなドラフトだと汚しにくくなっちゃいますね。2016年に発売されたドラフトや実験台もグッドデザイン賞を受賞しているらしいですが、紹介した方が個人的には好きです。また同シリーズの実験台もこんな感じ。これは欲しくなる…

2016-10-21_22-36-16

NACD-FⅡ(出典:オリエンタル技研)

 

分析天びんAPシリーズ:島津製作所

2016-10-21_10-32-07

APシリーズ(出典:島津製作所)

最近、ニュースでみてほしいと思った黒ベースの天びん。天びんですとメトラー・トレドのものがデザインも機能もよいのですが、島津の天びんはお安いのでこちらを使っています。ただし、かっこわるい。今回発売されたものは、見た目もさることながら、機能も充実、安価であるといったすべての条件が揃った商品です。ただし、精度が低い!!一桁足りない。ぜひ欲しいので問い合わせたところ、もう少し精度が高いバージョンは来年の春辺りに発売予定とのこと。それを待ちたいと思います。

 

いかがでしたでしょうか。もちろん他にもかっこいい理化学機器は続々と発売されています。小さな備品から実験台など大きな什器まで、できるだけステキな環境で実験したいものですね。そのためには研究費を稼がねばいけません。

関連リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 子ども向け化学啓発サイト「うちラボ」オープン!
  2. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  3. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル
  4. 夢・化学-21 化学への招待
  5. 有機の王冠
  6. 【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?
  7. 第8回XAFS討論会
  8. 私達の時間スケールでみても、ガラスは固体ではなかった − 7年前…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  2. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  3. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入
  4. 化学者ネットワーク
  5. 化学でカードバトル!『Elementeo』
  6. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授
  7. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成
  8. グラーメ・モード Graeme Moad
  9. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  10. ネオ元素周期表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP