[スポンサーリンク]


有機化学

  1. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

    複数の塩素原子を有する海洋性ステロイドclionastatin AおよびBの合成が報告された。安価なtestosteroneを出発原料とし、段階的に炭素骨格のクロロ化/酸化をするtwo-stageの半合成がなされた。含塩素ステロイドcl…

  2. 基礎講座 有機化学

    東京農業大学の松島教授を中心に執筆された有機化学の基礎書です。松島教授は大変教育熱心で有名で…

  3. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成

    ククルビタン型トリテルペンoctanorcucurbitacin Bの全合成が初めて達成された。常法…

  4. 第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

    第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

  5. エーテルがDiels–Alder反応?トリチルカチオンでin situ 酸化DA!

    銅触媒とトリチルカチオンによるエーテルとヘテロジエンとの不斉Diels–Alder反応が開発された。…

  6. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その2】

  7. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

  8. 第9回慶應有機化学若手シンポジウム

  9. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

  10. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

  11. 第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

  12. 上田 善弘 Yoshihiro Ueda

  13. 浅野 圭佑 Keisuke Asano

  14. 【書籍】文系でも3時間でわかる 超有機化学入門: 研究者120年の熱狂

  15. 10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

  16. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wilhelm Huck教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  2. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  3. 史跡 佐渡金山
  4. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  5. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  6. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  7. 2008年10大化学ニュース2

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

~乙卯研究所とは~乙卯研究所は、1915年の設立以来、広く薬学の研究を行うことを…

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

PAGE TOP