[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

    生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性天然物は必然として、タンパク質と結合する、生体関連性の高い構造的特徴を、進化選択された形で備えている。Waldmannらはこの洞察に…

  2. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

    チャオ=ジュン・リー (Chao-Jun Li、19xx年xx月xx日-)は、カナダの有機化学者であ…

  3. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

    マーティン・オストライヒ (Martin Oestreich, 1971年10月19日-) はドイツ…

  4. チン・リン Qing Lin

    チン・リン(Qing Lin、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者・生化学者である。ニュー…

  5. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

    本シリーズでは、ケムステ内の有機反応データベース (ODOS) に存在する 500 以上の有機人名反…

  6. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  7. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

  8. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  9. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  10. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  11. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

  12. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri

  13. エリック・メガース Eric Meggers

  14. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode

  15. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  16. 井上 将行 Masayuki Inoue

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  2. アセチレン、常温で圧縮成功
  3. DAST類縁体
  4. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  5. 生体共役反応 Bioconjugation
  6. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  7. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

PAGE TOP