[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

    第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科に所属し、複雑天然物の全合成のための戦略および方法論の開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hel…

  2. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】

    第271回のスポットライトリサーチは、名古屋大学伊丹研究室  博士後期課程 1 年の松原聡志さんにお…

  3. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

    第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

  4. 高橋 大介 Daisuke Takahashi

    高橋大介(たかはし だいすけ,Daisuke Takahashi)は,日本の化学者である。専門は,糖…

  5. 松原 亮介 Ryosuke Matsubara

    松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

  6. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

  7. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

  8. 無保護環状アミンをワンポットで多重官能基化する

  9. 林松 Song Lin

  10. 有機化学を俯瞰する -有機化学の誕生から21世紀まで–【後編】

  11. キラル情報を保存したまま水に溶ける不斉結晶

  12. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

  13. 有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

  14. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

  15. 千田憲孝 Noritaka Chida

  16. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  2. 天然物の全合成―2000~2008
  3. ベンゼン環記法マニアックス
  4. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  5. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  6. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  7. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより

注目情報

最新記事

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

PAGE TOP