[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

    第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属し、有機合成をベースにした配位化学を研究しながら、巨大かつ構造明確な自己組織化分子の生成や、NMR解析への応用を志向した個別分子の磁気特性の…

  2. 作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

    第311回のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院 理工学研究科 基礎化学コー…

  3. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授

    第146回の化学者インタビューは日本から、中村 栄一 教授です。東京大学大学院理学系研究科化学専攻・…

  4. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

    第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

  5. 【ケムステSlackに訊いてみた①】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

    日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

  6. 有機化学1000本ノック【反応機構編】

  7. 核酸合成試薬(ホスホロアミダイト法)

  8. 第19回次世代を担う有機化学シンポジウム

  9. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel

  10. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

  11. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

  12. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

  13. 第122回―「分子軌道反応論の教科書を綴る」Ian Fleming教授

  14. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

  15. ベンゼン環をつないで 8 員環をつくる! 【夢の三次元ナノカーボンの創製に向けて】

  16. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation
  2. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  3. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  4. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  6. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  7. Carl Boschの人生 その8

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

PAGE TOP