[スポンサーリンク]


有機化学

  1. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

    クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国の有機化学者である。パデュー大学 助教授(写真:Uyeda Group)。 (さらに…)…

  2. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

    酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

  3. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

    今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

  4. 銀を使ってリンをいれる

    銀触媒による1,3-ジカルボニル化合物のC–C結合開裂を伴うC–P結合の形成が報告された。合成中間体…

  5. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

    エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

  6. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  7. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  8. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

  9. チン・リン Qing Lin

  10. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

  11. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  12. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

  13. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

  14. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

  15. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

  16. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  2. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  3. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  4. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  5. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  6. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  7. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP