[スポンサーリンク]


有機化学

  1. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。経歴2010 Albert-Ludwigs Universität,…

  2. 提唱から60年。温和な条件下で反芳香族イソフロリンの合成に成功

    第451回のスポットライトリサーチは、大阪大学 大学院理学研究科化学専攻 物性有機化…

  3. 反応開発はいくつ検討すればいいのか? / On the Topic of Substrate Scope より

    一体どれだけ実験すれば俺たちは報われる……?新しい有機反応を開発する反応開発分野では、見つけた反…

  4. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto

    星本 陽一(ほしもと よういち)は、日本の有機化学者である。大阪大学大学院工学研究科 准教授。専門は…

  5. 諸藤 達也 Tatsuya Morofuji

    諸藤 達也(もろふじ たつや)は、日本の有機化学者および有機化学系YouTuberである。学習院大学…

  6. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

  7. 基礎講座 有機化学

  8. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成

  9. 第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

  10. エーテルがDiels–Alder反応?トリチルカチオンでin situ 酸化DA!

  11. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その2】

  12. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

  13. 第9回慶應有機化学若手シンポジウム

  14. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

  15. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

  16. 第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

スポンサー

ピックアップ記事

  1. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  2. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  3. 合成化学者のための固体DNP-NMR
  4. ニコラス-ターナー Nicholas Turner
  5. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発
  6. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  7. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP