[スポンサーリンク]


有機化学

  1. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者である.カリフォルニア大学サンタバーバラ校 教授.経歴1973 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 学士取得19…

  2. シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

    アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

  3. 無保護環状アミンをワンポットで多重官能基化する

    脂環式アミン類の直截的C–H官能基化反応が開発された。保護基や遷移金属触媒を必要としない本手法は、環…

  4. 林松 Song Lin

    ソン・リン(Song Lin、19XX年X月XX日–)は米国在住の中国人有機化学者である。コーネル大…

  5. 有機化学を俯瞰する -有機化学の誕生から21世紀まで–【後編】

    本連載では分子の化学、特に有機化学の歴史を振り返りながら、現代の合成化学がどのような過程で今に至って…

  6. キラル情報を保存したまま水に溶ける不斉結晶

  7. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

  8. 有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

  9. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

  10. 千田憲孝 Noritaka Chida

  11. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

  12. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで|第6回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  13. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授

  14. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

  15. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

  16. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 医薬品の品質管理ーChemical Times特集より
  2. 進撃のタイプウェル
  3. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  4. 窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  7. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP