[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 三中心四電子結合とは?

    初めまして、さかのうえと申します。先月修士課程を卒業し、4月から某試薬メーカーで勤務しています。大学院では有機化学、特に有機典型元素化学の分野で高配位化合物の研究を行ってきました。この度、Chem-Stationに有機典型元素化学に…

  2. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  3. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、1970年5月23日-)は、カナダの有機…

  4. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

    バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

  5. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  6. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  7. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  8. マダンガミンの網羅的全合成

  9. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

  10. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  11. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

  12. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  13. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  14. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  15. フランク・グローリアス Frank Glorius

  16. グァンビン・ドン Guangbin Dong

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  2. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  3. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  4. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  6. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  7. 富大工学部実験研究棟で火事

注目情報

最新記事

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

PAGE TOP