[スポンサーリンク]


有機化学

  1. フランク・グローリアス Frank Glorius

    フランク・グローリアス(Frank Glorius, 1972年x月x日-)は、ドイツの化学者である。 ミュンスター大学 教授。(写真:German Research Foundation) (さらに…)…

  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化…

  4. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年x月x日(スペイン生)-)は、ド…

  5. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  6. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  7. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  8. 最近の有機化学論文2

  9. 最近の有機化学注目論文1

  10. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  11. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

  12. Heterocyclic Chemistry

  13. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  14. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

  15. アルミニウムで水素分子を活性化する

  16. 幾何学の定理を活用したものづくり

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  2. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  3. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  5. 重いキノン
  6. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  7. マンダー試薬 Mander’s Reagent

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP