[スポンサーリンク]


有機化学

  1. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

    フェルナンド・アルベリシオ(Fernando Albericio、19xx年x月x日-)は、スペインの有機化学者である。バルセロナ大学 教授。(引用:ub.edu) (さらに…)…

  2. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

    化合物合成経路の終盤で化学選択的な変換を行うことができれば、物質が生来有する構造・機能をある程度担保…

  3. マダンガミンの網羅的全合成

    高度に縮環した構造を有するマダンガミンA、C、Eの全合成が達成された。E/Z選択的なスキップジエン合…

  4. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

    第5回慶應有機化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロ…

  5. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

    こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

  6. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

  7. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  8. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  9. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  10. フランク・グローリアス Frank Glorius

  11. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  12. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  13. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  14. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

  15. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  16. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法
  2. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  3. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  4. 計算化学:DFTって何? PartIII
  5. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  7. アミドをエステルに変化させる触媒

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP