[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

    こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の終わりと新年度を感じます。今年は年会が早かったので早く感じすぎました苦笑。ところで皆さん、『Chem』読んでいますでしょうか!?以前…

  2. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

     プリンストン大学・Eric Sorensenらは、光駆動型水素原子移動(HAT)触媒-卑金属触媒ハ…

  3. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

    ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

  4. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

    ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  5. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  6. フランク・グローリアス Frank Glorius

  7. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  8. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  9. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  10. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

  11. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

  12. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  13. 最近の有機化学論文2

  14. 最近の有機化学注目論文1

  15. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  16. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  2. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  3. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  4. Org. Proc. Res. Devのススメ
  5. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  6. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  7. アブノーマルNHC

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP