[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南京大学 教授。(引用:Shuhua Li’s group)経歴1990 Central South Univerisity of T…

  2. 三中心四電子結合とは?

    初めまして、さかのうえと申します。先月修士課程を卒業し、4月から某試薬メーカーで勤務しています。大学…

  3. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  4. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、1970年5月23日-)は、カナダの有機…

  5. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

    バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

  6. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

  7. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  8. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification

  9. マダンガミンの網羅的全合成

  10. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム

  11. 光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

  12. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

  13. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  14. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  15. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  16. フランク・グローリアス Frank Glorius

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法
  2. エノキサシン:Enoxacin
  3. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  4. レビュー多くてもよくね?
  5. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  6. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフェナントリジン類の合成
  7. 核酸塩基は4つだけではない

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP