[スポンサーリンク]


有機化学

  1. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化学者である。米テキサス大学オースティン校 教授。(写真引用:研究室ホームページより)経歴1989 カリフォルニア大学バークレー校 B…

  2. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年2月25日(スペイン生)-)は、…

  3. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  4. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

    今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

  5. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

    「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

  6. 最近の有機化学論文2

  7. 最近の有機化学注目論文1

  8. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  9. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

  10. Heterocyclic Chemistry

  11. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  12. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

  13. アルミニウムで水素分子を活性化する

  14. 幾何学の定理を活用したものづくり

  15. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

  16. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. PdCl2(dppf)
  2. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  3. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導体の合成
  4. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  5. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  6. 平成をケムステニュースで振り返る
  7. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

PAGE TOP