[スポンサーリンク]


有機化学

  1. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である。米シカゴ大学 教授(写真引用:Dong研究室ホームページ)経歴2003 北京大学化学科 学士号取得2009 スタンフォード大学…

  2. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化…

  3. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年2月25日(スペイン生)-)は、…

  4. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

    第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

  5. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

    今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

  6. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  7. 最近の有機化学論文2

  8. 最近の有機化学注目論文1

  9. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

  10. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

  11. Heterocyclic Chemistry

  12. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  13. 酸で活性化された超原子価ヨウ素

  14. アルミニウムで水素分子を活性化する

  15. 幾何学の定理を活用したものづくり

  16. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  2. 有合化若手セミナーに行ってきました
  3. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  4. ブラックマネーに御用心
  5. テキサス大教授Science論文捏造か?
  6. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  7. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP