[スポンサーリンク]


有機化学

  1. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学者である。ペンシルバニア大学化学科 教授 (画像:The Molander Group)。 (さらに…)…

  2. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

    ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

  3. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  4. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カ…

  5. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

    超強塩基を触媒とするβ-フェネチルエーテルの合成法が開発された。アルコールが逆マルコフ二コフ型でアリ…

  6. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

  7. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム

  8. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

  9. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

  10. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

  11. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  12. 金城 玲 Rei Kinjo

  13. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  14. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

  15. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

  16. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)
  2. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  3. プラテンシマイシン /platensimycin
  4. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (前編)-
  5. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻訳
  6. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  7. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP