[スポンサーリンク]


有機化学

  1. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

    前前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1) 、前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2) の続きです。前回、カーボンナノベルト前駆体の具体的な合成方法を紹介し、実際に多段階反応により環状化合物2(カーボンナノベルト…

  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

    前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1) の続きです。“After 60 Year…

  3. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

    今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

  4. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

    デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

  5. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

  6. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

  7. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  8. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  9. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

  10. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

  11. 銀を使ってリンをいれる

  12. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

  13. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

  14. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

  15. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

  16. チン・リン Qing Lin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. ブラックマネーに御用心
  3. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  4. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  5. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  6. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  7. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP