[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

    ケムステでは数多くの全合成の論文について紹介してきました(リンクに関しては多すぎるので割愛致します)。(形式)全合成の論文を読む際に、スキームや条件を眺めながら構築段階を追ったり、逆合成解析を見て骨格構築段階や特徴的な官能基がどの段階で…

  2. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム

    第6回慶應有機化学若手シンポジウムのご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、…

  3. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

    金沢大学の国嶋らが新規エポキシ化剤として2-hydroperoxy-4,6-diphenyl-1,3…

  4. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

    今回は、Knorr ピロール合成、Kröhnke ピリジン合成、あるいは Hantzsch ジヒドロ…

  5. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

    今回は、Paal-Knorr ピロール合成のような、カルボニル化合物を用いた縮合反応によるヘテロ環合…

  6. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  7. 金城 怜 Rei Kinjo

  8. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

  9. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

  10. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

  11. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

  12. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

  13. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  14. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  15. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

  16. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  2. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  3. 深海の美しい怪物、魚竜
  4. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」
  5. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  6. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  7. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP