[スポンサーリンク]


有機化学

  1. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

    今回は、Paal-Knorr ピロール合成のような、カルボニル化合物を用いた縮合反応によるヘテロ環合成を俯瞰します。そして、ヘテロ環の合成戦略を立てる際には、まず炭素—ヘテロ原子結合を切断し、それをカルボニル基とヘテロ原子源に対応させればよ…

  2. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  3. 金城 怜 Rei Kinjo

    金城 怜(きんじょう れい、1979年11月27日–)は日本の有機化学者である。シンガポール南洋工科…

  4. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

    エイモス・B・スミス III(Amos. B. Smith III、1944年8月26日–)は米国の…

  5. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

    水素結合によりアニオンを捕捉することで、対カチオンは活性化され高いルイス酸性をもつ。そのルイス酸によ…

  6. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

  7. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

  8. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

  9. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

  10. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  11. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

  12. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  13. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

  14. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

  15. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応

  16. 銀を使ってリンをいれる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 花粉症対策の基礎知識
  2. デイヴィット・ベイカー David Baker
  3. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  4. 李昂 Ang Li
  5. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」
  6. 含ケイ素四員環 -その1-
  7. リード反応 Reed Reaction

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP