[スポンサーリンク]


セミナー

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

    詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1日単位の選択受講も承ります。定員20名(先着順にて承ります。)受講料全日程一日受講A…

  2. 【21卒イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」 大阪1/17(金)・東京1/19(日)

    化学系の就職活動を支援する『化学系学生のための就活』さんからご案内が届きましたので掲載させていただき…

  3. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

  4. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

  5. 分析化学科

    お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

  6. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

  7. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

  8. 2017年12月14日開催: 化学企業4社によるプレミアムセミナー

  9. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】

  10. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】

  11. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】

  12. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】

  13. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】

  14. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】

  15. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  2. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  3. 100兆分の1秒の極短パルスレーザー光で「化学結合誕生の瞬間」を捉える
  4. 藤嶋 昭 Akira Fujishima
  5. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  6. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  7. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

PAGE TOP