[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱ケミカル「レイヨン」買収へ

 

mitsubishi01.jpg

 

総合化学国内最大手の三菱ケミカルホールディングスが、合繊大手の三菱レイヨンを買収する方向で調整していることが10日、分かった。年内に最終合意し、株式公開買い付け(TOB)を実施、来春をめどに三菱レイヨンを完全子会社化する方針とみられる。実現すれば国内業界で初めて3兆円を超える売り上げ規模となる。汎用の石油化学製品は、中国や中東の安価な製品に押されて、三菱ケミカルなど国内化学各社の競争力が低下している。このため、鉄より軽くて強い炭素繊維など、三菱レイヨンの高機能製品を事業に取り入れることで、収益性を高める狙いだ。両社は三菱系だが、直接的な資本関係はない(引用:フジサンケイビジネスアイ)。

 
数日前のニュースとなってしまいますが、日本の化学業界のお話として重要ですのでお知らせ致します。三菱ケミカルホールディングスは三菱化学、三菱樹脂、田辺三菱製薬を主な事業会社とする持ち株会社です。名前は同じ三菱でもこれまで三菱レイヨンとは直接的な関係はありませんでした。今回の合併により、日本では2位の住友化学でも売上高2兆円届かないくらいですが、売上高3兆円を超える巨大企業となります(いまでも大きいですが)。

 ちなみに名前の通り三菱レイヨンと三菱化学は、戦前は同会社で1950年の企業再建整備計画で分離して、親光レイヨンと日本化成工業になりました。つまり、60年を経てもう一度同会社になるというわけです。売上高に関しては下記に有る通り世界の化学メーカーの中でも10位以内に入りますが、時価総額に関してみればトップのBASFの十数%強であり、日本でこれだけ大きな企業でも海外企業に買収される可能性はないとはいいきれません。さらに、アメリカはまだしも中国には今後売上高でいったら勝てないでしょう。ファインケミカルでよい製品を作っていきたいですね。

  • 世界の化学メーカー売上高ランキング(2008年)

順位 企業名 国名 売上高/億ドル
1 BASF ドイツ 704
2 ダウ・ケミカル 米国 575
3 イネオス 英国 470
4 ライオンデルバセル オランダ 384
5 エクソンモービル 米国 383
6 SABIC サウジアラビア 344
7 中国石油化工 中国 337
8 デュポン 米国 308

  • 日本の化学メーカー売上高ランキング(2008年)
順位 会社名 売上高/億円
1 三菱ケミカルHD 2兆9298
2 住友化学 1兆8965
3 三井化学 1兆7866
4 信越化学工業 1兆3763
5 DIC 1兆0778
6 旭化成 8792
7 東ソー 8273
8 日東電工 7452
9 宇部興産 7042
10 日立化成工業 6259
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  2. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…
  3. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  4. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  5. 2011年10大化学ニュース【後編】
  6. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  7. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  8. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  2. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  3. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  4. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  5. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)rhodium(I) Dimer
  7. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  8. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  9. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  10. Evonikとはどんな会社?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP