投稿者の記事一覧

  1. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS解析や高分解能分析によりオミクス研究の分野においても多用されています。イメージングMSは質量分析法と顕微鏡が合わさった手法で、植物や動物組織…

  2. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月6日から9日まで、場所…

  3. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

    アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は…

  4. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

    年末ですね。スイスの学生のほとんどがクリスマス休暇を23日から、正月明けの2日まで取るので、研究室は…

  5. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

    カール−ヘインツ・アルトマン(Karl Heinz Altmann、1957年6月20日-、ドイツ生…

  6. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

  7. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜

  8. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  2. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  3. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  4. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  5. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  6. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  7. Reaxys Prize 2011募集中!

注目情報

最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

PAGE TOP