化学者のつぶやき会告

  1. 化学系学生のための企業合同説明会

    忙しくしているともう11月も半ばを過ぎ、今年ももうあと1月半で終わりです。年が明けると、学生の皆さんは卒論や修論の準備に勤しむ方が多いのではないでしょうか(博論ももう大抵終盤です)。それに加えて、大学三年生および大学院修士1年、博士2年の方…

  2. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

    ドイツの保養地リンダウで毎年開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel L…

  3. 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報

    東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報のご案内東京大学大学院理学系研究科化学専攻(東…

  4. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム

    第4回慶應有機化学若手シンポジウムのご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、…

  5. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ

    ケムステをずっと見ている方にはもうお馴染みですが、今年もCASが主催するSciFinder Futu…

  6. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016

  7. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015

  8. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード

  9. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015

  10. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)

  11. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

  12. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム

  13. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会

  14. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!

  15. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会

  16. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 僕がケムステスタッフになった三つの理由
  2. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  3. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  4. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  5. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」
  7. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP