[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき会告

  1. 研究開発DXとマテリアルズ・インフォマティクスを繋ぐmiHub

    開催日:2024/02/07 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されてい…

  2. 【2/28・29開催ウェビナー】粒子分散がわかる2DAYS(三洋貿易株式会社)

    1.ウェビナー概要前年1,000名を超える多くの方がお申込みされた三洋貿易ウェビ…

  3. 実験計画・試行錯誤プラットフォームmiHubの大型アップデートのご紹介 ー研究者を中心としたマテリアルズ・インフォマティクスの組織的活用ー

    開催日 2024/01/31 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  4. カーボンニュートラル材料とマテリアルズ・インフォマティクス活用で実現するサステナブル社会

    開催日:2024/01/24 申込みはこちら■開催概要近年、国内外を問わず、素材メーカー…

  5. 第8回 FlowSTシンポジウム

    国立研究開発法人産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センターに事務局を置くフロー精密合成コンソーシア…

  6. 第22回次世代を担う有機化学シンポジウム

  7. 「高分子材料を進化させる表面・界面制御の基礎」

  8. 【Q&Aシリーズ❶ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波によるガス反応プロセス

  9. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

  10. マテリアルズ・インフォマティクス適用のためのテーマ検討の進め方とは?

  11. ケムステイブニングミキサー2024に参加しよう!

  12. 実験条件検討・最適化特化サービス miHubのメジャーアップデートのご紹介 -実験点検討と試行錯誤プラットフォーム-

  13. 【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

  14. \脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケミカルリサイクル・金属製錬プロセスのご紹介

  15. 細胞代謝学術セミナー全3回 主催:同仁化学研究所

  16. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

スポンサー

ピックアップ記事

  1. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  2. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授
  3. 172番元素までの周期表が提案される
  4. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」
  5. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  6. トビン・マークス Tobin J. Marks
  7. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP