[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき会告

  1. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017

    今年も化学業界の雄BASFが主宰する、BASF International Summer CoursesがBASFの本社の所在するドイツ、ルートウィヒスハーフェンで行われます (BASFについてはこちら1、2)。会期は2回に分かれており、1…

  2. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

    日本化学会年会中、3月18日に市民も自由に参加できる市民公開講座が開催されます。タイトルは「驚き…

  3. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!

    化学の研究者が1年に1度集まる日本化学会春季年会。今年は慶応大学で行われます。最近はいつも卒…

  4. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会

    以前より何かとケムステにご協力頂いている国際科学技術財団より、講演会のお知らせです。今年の日…

  5. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

    3月10日に化学会館で日本化学連合が主宰する化学コミュニケーション2016賞授賞式と「化学でできる創…

  6. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

  7. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ

  8. 化学系学生のための企業合同説明会

  9. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  10. 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報

  11. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム

  12. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ

  13. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016

  14. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015

  15. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード

  16. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」
  2. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  3. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  4. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  5. サリンを検出可能な有機化合物
  6. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より
  7. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-

注目情報

最新記事

地球温暖化-世界の科学者の総意は?

今、世界が協力して取り組むべき最も重要な課題の一つは、地球温暖化と気候変動です。最近では、問題の緊急…

第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

第62回の海外化学者インタビューは、モリー・ショイチェット教授です。トロント大学の化学工学・応用化学…

窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

第251回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科・福井識人 助教にお願いしました。…

新型コロナウイルスの化学への影響

中国で症例が確認され、爆発的に患者が増えているコロナウイルスですが、いろいろな影響が世界中で出ていま…

青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

PAGE TOP