ケムステニュースChem-Station

  1. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大きな国内の災害と言えるでしょう。先日の茨城での地震など未だに地震が多く、一般的にも研究環境においても地震対策は書かせません。出来事としては今年…

  2. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

    本日、当サイトChem-Stationが開設10周年を迎えました。過去のアニバーサリー記事をみてみる…

  3. Chem-Station9周年へ

     ついにChem-Stationが9周年を迎えました。実はすでに1ヶ月も過ぎていたのを忘れていました…

  4. Chem-Stationついに7周年!

    当サイトChem-Stationが開設7周年を迎えました!昨年度は特に後半、正直言ってほぼ全…

  5. Chem-Station 6周年へ

    当サイトChem-Stationが開設6周年を迎えました長いようで短い6年。5周…

  6. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  7. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  8. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  9. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  10. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  11. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  12. Chem-Station開設5周年へ

  13. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  14. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  2. もう入れたよね?薬学会年会アプリ
  3. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  4. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  5. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  6. 年に一度の「事故」のおさらい
  7. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP