[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果


この中で気になる化学関連のニュースは?


製薬、3強時代に
26%

東大小林教授が米化学賞を受賞
13%

『分子標的』に期待
8%

超微粒子の薬剤
10%

高脂血症薬がウイルス抑制
7%

ノーベル化学賞
20%

のむ発毛薬の輸入承認
7%

マックス・プランク研究所
2%
Total:
101 votes

9-10月分の注目するニュースの結果です。投票は101票でした。ありがとうございます。
やはり製薬業界の再編に興味が集まったようです。ノーベル化学賞は日本人がとらなければ盛り上がりません。

12月もぜひ投票よろしくお願い致します。12月は11月分のニュースから投票していただきます。ちょっと少ないですが。。。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Chem-Stationついに7周年!
  2. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. Chem-Station9周年へ
  5. Chem-Station 6周年へ
  6. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  2. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  3. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  4. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  5. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  6. スコット・ミラー Scott J. Miller
  7. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  8. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  9. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  10. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP