[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果





Q.この中で気になる化学関連のニュースは?

 




























元素周期表:思わぬ人気!?



26%
化学物質も受容できるロドプシンの発見



6%
脂肪燃やすアミノ酸に効果



33%
Chem-Station開設5周年へ



14%
薬によりギャンブル依存に



6%
製薬外資、日本へ攻勢



13%
Total: 83 votes

今月は前月より9票増えて全部で83票でした。投票ありがとうございました。今年は本当にアミノ酸が人気ですね。ニュースも多いですし一般の人も興味があるようです。脂肪を燃やすというあたりに興味があるのかもしれませんが。元素周期表は思わぬ人気ですが、本当に良い出来です。製薬外資の攻勢はすさまじいものがあります。こないだメルクの方のお話を聞きましたが、これでは日本の製薬企業は勝てないと思いました。というより学術的にも高いところにあります。がんばれ日本企業!

 

7月もぜひ投票よろしくお願い致します。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  3. Chem-Station9周年へ
  4. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. Chem-Stationついに7周年!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然の保護基!
  2. 化学パズル・不斉窒素化合物
  3. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  4. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople
  5. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  6. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  7. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  8. アミンの新合成法
  9. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  10. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP