[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果

[スポンサーリンク]





Q.この中で気になる化学関連のニュースは?

 




























元素周期表:思わぬ人気!?



26%
化学物質も受容できるロドプシンの発見



6%
脂肪燃やすアミノ酸に効果



33%
Chem-Station開設5周年へ



14%
薬によりギャンブル依存に



6%
製薬外資、日本へ攻勢



13%
Total: 83 votes

今月は前月より9票増えて全部で83票でした。投票ありがとうございました。今年は本当にアミノ酸が人気ですね。ニュースも多いですし一般の人も興味があるようです。脂肪を燃やすというあたりに興味があるのかもしれませんが。元素周期表は思わぬ人気ですが、本当に良い出来です。製薬外資の攻勢はすさまじいものがあります。こないだメルクの方のお話を聞きましたが、これでは日本の製薬企業は勝てないと思いました。というより学術的にも高いところにあります。がんばれ日本企業!

 

7月もぜひ投票よろしくお願い致します。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  4. 2016年化学10大ニュース
  5. Chem-Station9周年へ
  6. Chem-Station開設5周年へ
  7. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. Chem-Station 6周年へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素紀行
  2. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授
  3. ケムステ国際版・中国語版始動!
  4. 模型でわかる【金属錯体型超分子】
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!Final!
  6. 危険物データベース:第1類(酸化性固体)
  7. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  8. 石谷 治 Osamu Ishitani
  9. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  10. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP