[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  2. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduc…
  3. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  4. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  5. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  6. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…
  7. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  8. ウルマンエーテル合成 Ullmann Ether Synthes…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  2. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  3. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた【2019/8/1更新】
  4. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  5. 茨城の女子高生が快挙!
  6. 嗚呼、美しい高分子の世界
  7. 生理活性物質? 生物活性物質?
  8. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  9. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  10. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP