[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…
  2. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  3. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  4. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  5. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…
  6. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Sy…
  7. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  8. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  2. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  3. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)
  4. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  5. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  6. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  7. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜
  8. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!
  9. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  10. サイエンスアゴラ2014総括

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP