[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 向山水和反応 Mukaiyama Hydration
  2. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid…
  3. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  4. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  5. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  6. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective …
  7. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  8. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  2. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  3. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  4. さよならGoogleリーダー!そして次へ…
  5. Junfeng Zhao
  6. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  7. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  8. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  9. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  10. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP