[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…
  2. MAC試薬 MAC Reagent
  3. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  4. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  5. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  6. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  7. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  8. ダフ反応 Duff Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. whileの使い方
  2. 反応の選択性を制御する新手法
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  4. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  5. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  6. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse
  7. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  8. パーソナライズド・エナジー構想
  9. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  10. ケミカル・ライトの作り方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP