[スポンサーリンク]

K

コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールのアルカリ塩に二酸化炭素を加圧下反応させると、ベンゼン環にカルボキシ基が導入される。サリチル酸誘導体の合成法。

 

基本文献

 

反応機構

フェノキシドイオンはフェノール自体よりもSEAr反応を起こしやすい。主としてオルト置換体が生成する。これはナトリウムとのキレート効果によって遷移状態が安定化するためとされている。
kolbe_schmitt_2.gif

反応例

kolbe_schmitt_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  2. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  3. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-B…
  4. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  5. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  6. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective P…
  7. ダフ反応 Duff Reaction
  8. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物化学談話会
  2. Z-選択的オレフィンメタセシス
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  4. ウォーレン有機化学
  5. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  6. 東京大学理学部 化学教室
  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  8. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  9. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  10. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

スコッチ・ウイスキーは世界中の多くの人々に愛されていますが、近年ではビンテージもののスコッチ・ウイス…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP