[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果

[スポンサーリンク]

?Q.この中で気になる化学関連のニュースは?

 科学の未解決のナゾ125を選出
26%
 超小型シリンジ開発
6%
 理系が文系よりおしゃれ?
25%
 虫歯退治に3種の抗菌薬
19%
 分子素子の働き せっけんで確認
9%
 サリドマイドの治験、22医療機関で
12%
Total: 63 votes
今月は前月とほぼ同様の63票でした。投票ありがとうございました。科学の未解決の謎、これからどれだけ解決するでしょうか?理系が文型よりおしゃれ?かどうかはわかりませんがなかなか面白い記事ですよね。サリドマイドはどうなるでしょうか?
?
9月もぜひ投票よろしくお願い致します。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. Chem-Station 6周年へ
  4. 平成をケムステニュースで振り返る
  5. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  6. Chem-Station9周年へ
  7. 2016年化学10大ニュース
  8. Chem-Station開設5周年へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外留学ってどうなんだろう? ~きっかけ編~
  2. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  3. NECら、データセンターの空調消費電力を半減できる新冷媒採用システムを開発
  4. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  5. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine
  6. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  7. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  8. 電子ノートか紙のノートか
  9. 産総研 地質標本館
  10. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP