[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果

Q.この中で気になる化学関連のニュースは?


新元素、2度目の合成成功 理研
29%
スワン酸化反応を室温で反応させる技術
35%
アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効?
9%
中性脂肪3割減!? ビタミンPと糖の結合物質
5%
一家に1枚周期表を!
17%
日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出
2%
Total: 74 votes

今月は前月より13票増えて全部で74票でした。投票ありがとうございました。

以外にスワン酸化反応を室温で反応させる技術の記事が一番でした。合成屋さんが結構見ているのでしょうか?一家に1枚周期表の周期表は非常に人気で10万枚増産したようです。化学に興味がある方って意外と多いんですね。
6月もぜひ投票よろしくお願い致します。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. Chem-Stationついに7周年!
  4. Chem-Station 6周年へ
  5. Chem-Station開設5周年へ
  6. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  2. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  3. 有機機能材料 基礎から応用まで
  4. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  5. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  6. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  7. 化学でもフェルミ推定
  8. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  9. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  10. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP