ケムステニュース海外ニュースより

  1. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題となりました。(過去記事: ヘリウム不足いつまで続く?) 今回も中東の不安定な政情から、またそんなことが起こりそうな匂いがしてきました。。。…

  2. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定

    マレーシア警察は24日に発表したプレース・リリースによれば、予備検査で金正男氏殺害事件に用れた猛毒の…

  3. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月6日から9日まで、場所…

  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

    A transformation is happening in global energy mar…

  5. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

    (CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起…

  6. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  7. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

  8. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

  9. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

  10. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国

  11. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?

  12. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

  13. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

  14. iPadで使えるChemDrawが発売開始

  15. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

  16. 化学企業のグローバル・トップ50

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  2. サラシノール salacinol
  3. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  4. C60MC12
  5. 分子素子の働き せっけんで確認
  6. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  7. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

PAGE TOP