[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2018

    今年もバイエル社が主宰する、ポスドクworkshop が行われます。会期は5月12日から15日まで、場所はドイツ、ケルン郊外のお城です。要旨の締め切りは2018年2月28日まで。 (引用:Bayer)ワークショップの告知です。地元のドイ…

  2. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

    A transformation is happening in global energy mar…

  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

    (CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起…

  4. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

    2016年8月10日、米国化学会(ACS)は、プレプリントサーバー“ChemRxiv”を構築する意向…

  5. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

    Chemical and Engineering News より2015年版の 化学企業のグローバル…

  6. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

  7. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

  8. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国

  9. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?

  10. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

  11. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)

  12. iPadで使えるChemDrawが発売開始

  13. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

  14. 化学企業のグローバル・トップ50

  15. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?

  16. 医薬品の黄金世代到来?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect
  2. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  3. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  4. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  5. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  6. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  7. 新薬と併用、高い効果

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP