[スポンサーリンク]


ケムステニュース海外ニュースより

  1. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る

    (引用:Chemistry World)アラスカなどの極地方には、極限環境で棲息している生きものが多くいます。彼らの身体を構成するものは、もちろん炭素、水素、窒素、酸素・・・であり、そういう目で見れば、我々人間と大差ありませ…

  2. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず

     イタリアの弦楽器製作者アントニオ・ストラディバリ(Antonio Stradiva…

  3. 未来の病気診断はケータイで!?

    今回はChemistry Worldから「Monitoring asthma with mobile…

  4. 114番元素生成の追試に成功

    114番元素・ウンウンクアジウム(Uuq)生成の追試に、このたび米ローレンス・バークリー国立研究…

  5. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

     112番元素は、1996年に独・重イオン科学研究所の加速器で初めて合成された。しかし、新元素と…

  6. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで

  7. レッドブルから微量のコカインが検出される

  8. Nature Chemistryデビュー間近!

  9. 金よりも価値のある化学者の貢献

  10. アミンの新合成法2

  11. アミンの新合成法

  12. 周期表を超えて~超原子の合成~

  13. 保護により不斉を創る

  14. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム

  15. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成

  16. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  2. アクリルアミド /acrylamide
  3. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  4. えれめんトランプをやってみた
  5. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  6. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  7. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田アワード、第1回岡崎アワード

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

PAGE TOP