研究者へのインタビュー日本人化学者インタビュー

  1. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

    半年ぶり、そして第34回目の日本人化学者インタビューは 忍久保洋  教授 (名古屋大学大学院工学研究科)より頂きました。第11回にインタビューを受けた金井求先生のご紹介です。忍久保先生は、有機金属反応の開発のバックグラウンドをもちな…

  2. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

    第33回目の日本人化学者インタビューは 合田 圭介  教授 (東京大学理学部・化学専攻)より頂きまし…

  3. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

    少しまた間が空いてしまいましたが、研究者へのインタビュー再開いたします。第32回目の日本人化…

  4. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

    第31回目は第21回の深瀬浩一先生によるご推薦を受け、上田 実 先生 (東北大学…

  5. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

    5年前に福山透先生(現・名大教授)からはじめたこの研究者のインタビューも、今回で…

  6. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

  7. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

  8. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  9. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

  10. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

  11. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

  12. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

  13. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

  14. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

  15. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

  16. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  2. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  3. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  4. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  5. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  6. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  7. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP