全合成

  1. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

    高度に酸化されたシキミセスキテルペンPseudoanisatinの全合成が報告された。原料である天然物の環拡大反応と、鉄触媒によるC–H結合の酸化的な”飾り付け”(官能基化)が本合成の鍵である。様々な酸化様式をもつシキミセスキテルペンと…

  2. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

    2017年はじめて、そして第75回のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村・布施研究室の御舩悠人…

  3. 天然階段状分子の人工合成に成功

    階段様骨格をもつリン脂質Ladderane Phospholipid 。最近、ビシクロヘキサン骨格を…

  4. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

    第70回のスポットライトリサーチは名古屋大学創薬科学研究科・北村研究室の道木和也さんにお願いしました…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  7. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  8. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

  10. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

  11. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成

  12. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  13. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  14. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜

  15. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

  16. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride
  2. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  3. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  4. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  5. アミンの新合成法
  6. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  7. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP