全合成

  1. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

    東京大学・井上将行らのグループは、高度に酸素官能基化された難関天然物・ザラゴジン酸Cの全合成を達成した。カルボニルの光励起によるC(sp3)−Hアシル化反応を鍵に、混み合った位置での炭素骨格構築・立体制御を効率的に行なっている。"Tot…

  2. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

    モジュール式に組み立てることでpleuromutilin類の短工程合成が達成された。様々な類縁体の網…

  3. 井上 将行 Masayuki Inoue

    井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

  4. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  5. マダンガミンの網羅的全合成

    高度に縮環した構造を有するマダンガミンA、C、Eの全合成が達成された。E/Z選択的なスキップジエン合…

  6. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  7. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  8. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  9. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

  10. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

  11. 天然階段状分子の人工合成に成功

  12. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  13. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  15. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  16. 海洋天然物パラウアミンの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  2. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  3. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  4. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  5. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!
  6. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  7. 続・名刺を作ろう―ブロガー向け格安サービス活用のススメ

注目情報

最新記事

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

PAGE TOP