全合成

  1. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学 教授。(写真引用:Sorensen Group) (さらに…)…

  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化…

  4. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

    高度に酸化されたシキミセスキテルペンPseudoanisatinの全合成が報告された。原料である天然…

  5. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

    2017年はじめて、そして第75回のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村・布施研究室の御舩悠人…

  6. 天然階段状分子の人工合成に成功

  7. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  10. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  11. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  12. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

  13. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

  14. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成

  15. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  16. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  2. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  3. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  4. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人
  5. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  6. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  7. デイヴィッド・リウ David R. Liu

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP