全合成

  1. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機化学者である。 ジョージア大学准教授。(引用:University of Georgia) (さらに…)…

  2. マダンガミンの網羅的全合成

    高度に縮環した構造を有するマダンガミンA、C、Eの全合成が達成された。E/Z選択的なスキップジエン合…

  3. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  4. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  5. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化…

  6. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

  7. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

  8. 天然階段状分子の人工合成に成功

  9. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  12. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  13. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

  15. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

  16. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナトリウム水和物 : Sodium Tetrakis[3,5-bis(trifluoromethyl)phenyl]borate Hydrate
  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
  3. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  4. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  5. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  6. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  7. 記事評価&コメントウィジェットを導入

注目情報

最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP