全合成

  1. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

    高度に酸化されたシキミセスキテルペンPseudoanisatinの全合成が報告された。原料である天然物の環拡大反応と、鉄触媒によるC–H結合の酸化的な”飾り付け”(官能基化)が本合成の鍵である。様々な酸化様式をもつシキミセスキテルペンと…

  2. 副反応を起こしやすいアミノ酸を迅速かつクリーンに連結する

    2017年はじめて、そして第75回のスポットライトリサーチは、東京工業大学中村・布施研究室の御舩悠人…

  3. 天然階段状分子の人工合成に成功

    階段様骨格をもつリン脂質Ladderane Phospholipid 。最近、ビシクロヘキサン骨格を…

  4. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

    第70回のスポットライトリサーチは名古屋大学創薬科学研究科・北村研究室の道木和也さんにお願いしました…

  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧

  7. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  8. 海洋天然物パラウアミンの全合成

  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ

  10. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成

  11. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成

  12. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  13. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (3)

  14. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜

  15. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

  16. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  2. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  3. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  4. TBSの「未来の起源」が熱い!
  5. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  6. Nazarov環化を利用した全合成研究
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

注目情報

最新記事

研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!

最近のJ. Am. Chem. Soc.誌を眺めてみると、下図のようなマークが著者名に付くことが増え…

マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定

マレーシア警察は24日に発表したプレース・リリースによれば、予備検査で金正男氏殺害事件に用れた猛毒の…

第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

3月10日に化学会館で日本化学連合が主宰する化学コミュニケーション2016賞授賞式と「化学でできる創…

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

PAGE TOP