[スポンサーリンク]

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  2. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  3. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification
  4. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  5. アルゴン (argon; Ar)
  6. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  7. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  8. 学会風景2001
  9. あなたはどっち? 絶対立体配置
  10. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP