[スポンサーリンク]


2005年 8月

  1. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

    環境省は、2004年度版「化学物質ファクトシート」を作成した。化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)対象物質に関する情報を専門外の人にも分かりやすく簡潔にまとめたもの。昨年に続き2回目。03年度版に収載した47物質を最新情報に更新するとと…

  2. 危険!DDT入りの蚊取り線香

    ?最近、上海で一部DDTなどの強力な農薬を含んだ蚊取り線香が出回っているとして、上海市消費者保護委員…

  3. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州

    ?カリフォルニア州のビル・ロッカー司法長官は8月26日、ポテトチップスやポテトフライ(フレンチフライ…

  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会

    日本コンピュータ化学会2005秋季年会主催: 日本コンピュータ化学会(SCCJ)共催:日本化学会…

  5. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携

    エーザイは26日、アルツハイマー病治療薬の創薬研究でスウェーデンのバイオベンチャー企業と提携したと…

  6. 米メルク、業績低迷長期化へ

  7. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

  8. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

  9. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

  10. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

  11. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省

  12. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州

  13. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表

  14. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界

  15. テトラサイクリン類の全合成

  16. キレーション療法ってなに?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  2. 試験概要:知的財産管理技能検定
  3. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis
  4. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  5. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  6. 高分子界の準結晶
  7. 書物から学ぶ有機化学 1

注目情報

最新記事

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

PAGE TOP