[スポンサーリンク]


2005年 8月

  1. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

    環境省は、2004年度版「化学物質ファクトシート」を作成した。化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)対象物質に関する情報を専門外の人にも分かりやすく簡潔にまとめたもの。昨年に続き2回目。03年度版に収載した47物質を最新情報に更新するとと…

  2. 危険!DDT入りの蚊取り線香

    ?最近、上海で一部DDTなどの強力な農薬を含んだ蚊取り線香が出回っているとして、上海市消費者保護委員…

  3. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州

    ?カリフォルニア州のビル・ロッカー司法長官は8月26日、ポテトチップスやポテトフライ(フレンチフライ…

  4. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会

    日本コンピュータ化学会2005秋季年会主催: 日本コンピュータ化学会(SCCJ)共催:日本化学会…

  5. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携

    エーザイは26日、アルツハイマー病治療薬の創薬研究でスウェーデンのバイオベンチャー企業と提携したと…

  6. 米メルク、業績低迷長期化へ

  7. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

  8. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤

  9. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

  10. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発

  11. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省

  12. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州

  13. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表

  14. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界

  15. テトラサイクリン類の全合成

  16. キレーション療法ってなに?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  2. 光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について
  3. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  4. IKCOC-15 ー今年の秋は京都で国際会議に参加しよう
  5. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  6. 化学企業のグローバル・トップ50
  7. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎

注目情報

最新記事

実験条件検討・最適化特化サービス miHubのメジャーアップデートのご紹介 -実験点検討と試行錯誤プラットフォーム-

開催日:2023/12/13 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

カルボン酸のb位C(sp3)–H結合を直接臭素化できるイソキノリン配位子が開発された。イソキノリンに…

【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

保護基の使用を最小限に抑えたペプチド伸長反応の開発

第584回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

【ナード研究所】新卒採用情報(2025年卒)

NARDでの業務は、「研究すること」。入社から、30代・40代・50代……

PAGE TOP