[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表

[スポンサーリンク]

タキソテール

?タキソテール(R)により、進行乳癌の生存期間がパクリタキセルと比べて有意に改善
-乳癌治療において最も広く使用されている2種類のタキサン系薬剤の比較試験結果が米医学誌”Journal of Clinical Oncology”に掲載される-

 サノフィ・アベンティスグループは、タキソイド系抗悪性腫瘍剤「タキソテール(R)」〔一般名:ドセタキセル水和物〕を投与した治療で、パクリタキセルと比較して、アントラサイクリン系薬剤治療後に病態が進行した進行乳癌患者の全生存期間と無増悪期間(癌の増殖を認めない期間)が有意に延長されることを証明する第III相試験の結果が、米医学誌”Journal of Clinical Oncology” に掲載されたことを発表しました。 (引用:日本経済新聞)

タキソールタキソテール(Taxotere)はセイヨウイチイの樹皮から発見されたタキソール(Taxol)と類似した構造を有しており、タキサンと呼ばれる抗がん剤の一種です。

タキソールと異なる部位は側鎖のアミン部位の置換基(青色)がtert-ブトキシカルボニル基orベンジル基、8員環部位の水酸基(赤色)にアセチル基がついているorついていないだけです。

詳しくタキソール、タキソテールについて知りたい方は関連リンクをご覧ください。

?

関連リンク

タキソール~全合成のドラマ~

タキソール Taxol

ドセタキセル (docetaxel)

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  2. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  3. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  4. 健康食品から未承認医薬成分
  5. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  6. 秋の褒章2013-化学
  7. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」…
  8. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  2. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  4. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  5. 掟破り酵素の仕組みを解く
  6. 分子模型を比べてみた
  7. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  8. 学術オンラインコンテンツ紹介(Sigma-Aldrichバージョン)
  9. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  10. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP