[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表

[スポンサーリンク]

タキソテール

?タキソテール(R)により、進行乳癌の生存期間がパクリタキセルと比べて有意に改善
-乳癌治療において最も広く使用されている2種類のタキサン系薬剤の比較試験結果が米医学誌”Journal of Clinical Oncology”に掲載される-

 サノフィ・アベンティスグループは、タキソイド系抗悪性腫瘍剤「タキソテール(R)」〔一般名:ドセタキセル水和物〕を投与した治療で、パクリタキセルと比較して、アントラサイクリン系薬剤治療後に病態が進行した進行乳癌患者の全生存期間と無増悪期間(癌の増殖を認めない期間)が有意に延長されることを証明する第III相試験の結果が、米医学誌”Journal of Clinical Oncology” に掲載されたことを発表しました。 (引用:日本経済新聞)

タキソールタキソテール(Taxotere)はセイヨウイチイの樹皮から発見されたタキソール(Taxol)と類似した構造を有しており、タキサンと呼ばれる抗がん剤の一種です。

タキソールと異なる部位は側鎖のアミン部位の置換基(青色)がtert-ブトキシカルボニル基orベンジル基、8員環部位の水酸基(赤色)にアセチル基がついているorついていないだけです。

詳しくタキソール、タキソテールについて知りたい方は関連リンクをご覧ください。

?

関連リンク

タキソール~全合成のドラマ~

タキソール Taxol

ドセタキセル (docetaxel)

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  2. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  3. 新薬と併用、高い効果
  4. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  5. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  6. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  7. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  8. リピトールの特許が切れました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 被引用回数の多い科学論文top100
  2. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  3. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  4. 化学小説まとめ
  5. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  6. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  7. ボリレン
  8. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  9. 有機化学美術館が来てくれました
  10. Hybrid Materials 2013に参加してきました!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP