[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、業績低迷長期化へ

?米メルクの業績低迷が長期化する見通しだ。19日には副作用問題を巡る訴訟で多額の損害賠償を命じられた。今後も同様の訴訟が相次ぎ、株式市場では「負担額が180億ドル(約2兆円)前後に膨らむ」との予測もある。屋台骨を支える大型新薬の特許切れも迫り、出口の見えない苦境が続く恐れがある。 (引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  2. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  3. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  4. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  5. 天然物化学談話会
  6. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  7. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  8. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  2. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  3. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  4. E. J. Corey からの手紙
  5. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  6. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebeskind-Srogl Cross Coupling
  7. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  8. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  9. リチウムイオン電池のはなし~1~
  10. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP