[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、業績低迷長期化へ

?米メルクの業績低迷が長期化する見通しだ。19日には副作用問題を巡る訴訟で多額の損害賠償を命じられた。今後も同様の訴訟が相次ぎ、株式市場では「負担額が180億ドル(約2兆円)前後に膨らむ」との予測もある。屋台骨を支える大型新薬の特許切れも迫り、出口の見えない苦境が続く恐れがある。 (引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  2. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  3. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  4. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  7. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  8. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  2. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  3. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  4. 個性あるTOC
  5. 史上最も不運な化学者?
  6. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  7. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  8. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表
  10. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP