[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米メルク、業績低迷長期化へ

[スポンサーリンク]

?米メルクの業績低迷が長期化する見通しだ。19日には副作用問題を巡る訴訟で多額の損害賠償を命じられた。今後も同様の訴訟が相次ぎ、株式市場では「負担額が180億ドル(約2兆円)前後に膨らむ」との予測もある。屋台骨を支える大型新薬の特許切れも迫り、出口の見えない苦境が続く恐れがある。 (引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  2. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  3. 毒劇アップデート
  4. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  5. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  6. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  7. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  8. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 239th ACS National Meeting に行ってきた
  2. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  3. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  4. ホウ素-ジカルボニル錯体
  5. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  6. 森田浩介 Kosuke Morita
  7. 北川 進 Susumu Kitagawa
  8. 磁力で生体触媒反応を制御する
  9. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  10. ノーベル化学賞・下村さん帰国

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP