[スポンサーリンク]

ケムステニュース

マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州

アクリルアミド?カリフォルニア州のビル・ロッカー司法長官は8月26日、ポテトチップスやポテトフライ(フレンチフライ)を製造するファーストフードチェーン大手、マクドナルドなど外食・食品大手9社をロサンゼルス郡高等裁判所に提訴したと発表した。ロッカー長官は9社に対し、ポテトチップスやポテトフライに含まれる化学物質「アクリルアミド」の発がん性について、消費者への警告の義務付けを求めている。(引用:日本消費者新聞

? 訴えられたのはマクドナルドのほか、ウェンディーズ、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキン、ペプシコの子会社フリト・レイ、ポテトチップス「プリングルス」を製造・販売するP&Gなど。

 糖とアミノ酸に熱が加わると少なからず合成されるので、レストランでも家庭でもできてしまいます。どちらにしても、ファーストフードは食べ続けると体によくないので、あまり摂取しない方がよいでしょう。でもおいしいですよね

関連書籍

食べるな危険!!ファストフードがあなたをスーパーサイズ化する
「人はファーストフードのみで生きられるのか?」映画『スーパーサイズ・ミー』で話題となったテーマを、本書では更に深く掘り下げ、過食とファーストフードの関係を鋭く抉る問題作!


関連リンク

加工食品中アクリルアミドに関するQ&A

スーパーサイズ・ミー

毎日マクドナルドを食べ続けるとどうなるか?1ヶ月間食べ続けたドキュメンタリー。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2010-化学
  2. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  3. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  4. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  5. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  6. 金大発『新薬』世界デビュー
  7. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  8. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「人工知能時代」と人間の仕事
  2. 化学 2005年7月号
  3. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  4. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  5. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  6. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  7. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  8. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  10. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP