[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ストライカー試薬 Stryker’s Reagent

 

概要

銅(I)ヒドリド(トリフェニルホスフィン)ヘキサマーは、通称Stryker試薬と呼ばれる。 熱的に安定なヒドリド源として、1,4-還元に用いられる。ヒドロシラン存在下や水素雰囲気下においては、使用量を触媒量に減ずることもできる。試薬は市販されている。

 

基本文献

 

反応機構

高い官能基選択性、立体選択性は有機銅アート試薬類似の特徴である。同様の反応機構(dCu-π*C=C錯形成を起点とする1,4-付加)により進行していると推測される。

 

反応例

内部アルキンはcis-アルケンへと還元される[1]
stryker_reagent_3.gif
Lipshutzらによって不斉反応の精力的な研究が展開されている。穏和な条件下、きわめて低触媒量で進行する触媒的不斉1,2-/1,4-還元反応が種々開発されている。ごく最近では低反応性のα,β-不飽和エステルの不斉還元も報告されている[2]
stryker_reagent_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Daeuble, J. F.; McGettigan, C.; Stryker, J. M. Tetrahedron
Lett.
1990, 31, 2397. doi:10.1016/S0040-4039(00)97371-4
[2] Lipshutz, B. H.; Servesko, J. M.; Taft, B. R. J. Am. Chem.
Soc.
2004, 126, 8352. DOI: 10.1021/ja049135l

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  2. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  3. スワーン酸化 Swern Oxidation
  4. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  5. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  6. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freu…
  7. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  8. FAMSO

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  2. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  3. 最長のヘリセンをつくった
  4. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  5. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  6. フラーレンが水素化触媒に???
  7. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  8. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  9. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  10. 大学院講義 有機化学

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

レーザー光で実現する新たな多結晶形成法

第159回目のスポットライトリサーチは、大阪府立大学・LAC-SYS研究所の山本靖之(やまもと やす…

PAGE TOP