[スポンサーリンク]


2009年 7月 07日

  1. 化学は地球を救う!

     夏も近づき暑くなるにつれて、毎年のように「地球温暖化の影響」があちこちで囁かれるようになりました。実際に日本沿岸では海水面が毎年3.3 mmずつ上昇しているそうです(Wikipedia「地球温暖化」参照)。 地球温暖化…

  2. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling

    概要量論量の一価銅および塩基存在下、アルキニルベンゼン誘導体を合成する方法。カス…

  3. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)

    概要・オスミウム(VIII)、キラル三級アミン、クロラミン-T存在下にアルケンを…

  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

    概要β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。…

  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

    概要無水酢酸をDMSOの活性化剤として用いる酸化反応。室温で進行するが、反応時間…

  6. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction

  7. ホフマン脱離 Hofmann Elimination

  8. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  9. シャピロ反応 Shapiro Reaction

  10. ペタシス反応 Petasis Reaction

  11. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis

  12. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  2. フィブロイン Fibroin
  3. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  4. 今年はキログラムに注目だ!
  5. 元素紀行
  6. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  7. ウェブサイトのリニューアル

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

PAGE TOP