[スポンサーリンク]


2009年 7月 07日

  1. 化学は地球を救う!

     夏も近づき暑くなるにつれて、毎年のように「地球温暖化の影響」があちこちで囁かれるようになりました。実際に日本沿岸では海水面が毎年3.3 mmずつ上昇しているそうです(Wikipedia「地球温暖化」参照)。 地球温暖化…

  2. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling

    概要量論量の一価銅および塩基存在下、アルキニルベンゼン誘導体を合成する方法。カス…

  3. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)

    概要・オスミウム(VIII)、キラル三級アミン、クロラミン-T存在下にアルケンを…

  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis

    概要β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。…

  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

    概要無水酢酸をDMSOの活性化剤として用いる酸化反応。室温で進行するが、反応時間…

  6. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction

  7. ホフマン脱離 Hofmann Elimination

  8. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  9. シャピロ反応 Shapiro Reaction

  10. ペタシス反応 Petasis Reaction

  11. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis

  12. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 創発型研究のススメー日本化学会「化学と工業:論説」より
  2. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  3. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  4. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  5. 有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体
  6. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  7. 海外学会出張でeSIMを使ってみました

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP