[スポンサーリンク]

archives

ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

B1964.gif

 

ジボロンを用いたジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成

ChoとMorkenは,ビス(ピナコラト)ジボロンがジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応に有用であることを報告しています。この報告によると,本反応は室温下,Ni(cod)2触媒,PCy3配位子を用いることで進行し,酸化処理の後,ホモアリルアルコールを立体選択的に得ています。

H. Y. Cho, J. P. Morken, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16140.

関連記事

  1. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  2. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  5. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  6. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  2. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  3. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  4. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  5. English for Writing Research Papers
  6. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  7. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  8. 脱離反応 Elimination Reaction
  9. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  10. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP