[スポンサーリンク]

archives

ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron

B1964.gif

 

ジボロンを用いたジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応によるホモアリルアルコールの合成

ChoとMorkenは,ビス(ピナコラト)ジボロンがジエンとアルデヒドのジアステレオ選択的カップリング反応に有用であることを報告しています。この報告によると,本反応は室温下,Ni(cod)2触媒,PCy3配位子を用いることで進行し,酸化処理の後,ホモアリルアルコールを立体選択的に得ています。

H. Y. Cho, J. P. Morken, J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 16140.

関連記事

  1. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. イリジウム錯体:Iridium-complex
  4. 田辺シリル剤
  5. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  6. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  8. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidation
  2. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  3. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  4. アルゴン (argon; Ar)
  5. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  6. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  8. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  9. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  10. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP