[スポンサーリンク]

H

ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction

[スポンサーリンク]

概要

触媒量のプロリンを用いて、ロビンソン型環化により光学活性ビシクロケトンを合成する手法。

5,6-fusedのシステムをHajos-Parrishケトン、6,6-fusedのシステムをWieland-Miescherケトンと呼ぶ。

基本文献

 

反応機構

hpesw_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  2. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  3. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  4. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  5. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  6. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylalumin…
  7. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 計算化学:汎関数って何?
  2. メタンハイドレートの化学
  3. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  4. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  5. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  6. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  7. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応
  8. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  9. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  10. あなたはどっち? 絶対立体配置

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP