[スポンサーリンク]

H

ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction

[スポンサーリンク]

概要

触媒量のプロリンを用いて、ロビンソン型環化により光学活性ビシクロケトンを合成する手法。

5,6-fusedのシステムをHajos-Parrishケトン、6,6-fusedのシステムをWieland-Miescherケトンと呼ぶ。

基本文献

 

反応機構

hpesw_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. グレーサー反応 Glaser Reaction
  2. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov …
  3. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  4. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  5. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  6. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  7. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…
  8. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gab…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  2. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  3. 日本化学会と対談してきました
  4. スポンジシリーズがアップデートされました。
  5. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  6. 本多 健一 Kenichi Honda
  7. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  8. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  9. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  10. その反応を冠する者の名は

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP