[スポンサーリンク]

H

ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 Hajos-Parrish-Eder-Sauer-Wiechert Reaction

概要

触媒量のプロリンを用いて、ロビンソン型環化により光学活性ビシクロケトンを合成する手法。

5,6-fusedのシステムをHajos-Parrishケトン、6,6-fusedのシステムをWieland-Miescherケトンと呼ぶ。

基本文献

 

反応機構

hpesw_3.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ギース ラジカル付加 Giese Radical Additio…
  2. IBX酸化 IBX Oxidation
  3. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  4. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  5. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  6. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  7. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  8. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  2. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  3. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  4. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  5. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  6. ケミストリー通り
  7. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  8. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement
  9. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  10. 有機合成のための遷移金属触媒反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP