[スポンサーリンク]

D

ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion

[スポンサーリンク]

 

概要

環状β-ケトエステルをラジカル条件下にて、最大4炭素環拡大する反応。

基本文献

 

反応機構

脱ハロゲン化が主な副反応。
dowd_beckwith_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  2. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  3. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  4. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  5. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-B…
  6. クメン法 Cumene Process
  7. カテラニ反応 Catellani Reaction
  8. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  2. ストーク エナミン Stork Enamine
  3. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】
  4. 学生実験・いまむかし
  5. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  6. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  7. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)
  8. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  9. ステープルペプチド Stapled Peptide
  10. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アンモニアの安全性あれこれ

アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいし…

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP