[スポンサーリンク]

D

ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion

 

概要

環状β-ケトエステルをラジカル条件下にて、最大4炭素環拡大する反応。

基本文献

 

反応機構

脱ハロゲン化が主な副反応。
dowd_beckwith_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  2. リッター反応 Ritter Reaction
  3. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Po…
  4. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  5. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  6. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  7. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  8. シリル系保護基 Silyl Protective Group

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成
  2. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  3. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  5. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  6. 有機アジド(2):爆発性
  7. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  8. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  9. コランニュレンの安定結合を切る
  10. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP