[スポンサーリンク]

D

ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion

 

概要

環状β-ケトエステルをラジカル条件下にて、最大4炭素環拡大する反応。

基本文献

 

反応機構

脱ハロゲン化が主な副反応。
dowd_beckwith_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  3. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  4. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…
  5. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  6. マイケル付加 Michael Addition
  7. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  8. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  2. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  3. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism
  4. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  5. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  6. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  7. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  8. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  9. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  10. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP