[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ペタシス反応 Petasis Reaction

 

概要

多成分縮合反応(Multicomponent Reaction)の一種である。
水/空気に安定で容易に手に入るアルケニル・アリールボロン酸を用いて、α-アミノ酸およびβ-アミノアルコールといった、合成化学的に有用なユニットを与える反応。光学活性α-ヒドロキシアルデヒドを基質として用いた場合にはアンチ体のβ-アミノアルコールをほぼ完全な立体選択性で与える。

実験手順はきわめて容易で、溶媒(通常はエタノール)中、ボロン酸、アミン、α-ケト酸(or α-ヒドロキシアルデヒド) を室温で混ぜるだけで進行する。

 

基本文献

 

反応機構

原文献中には、反応機構に関する記述は殆ど無いが、無保護のカルボン酸もしくはヒドロキシル基が反応進行に必須であることが分かっている。おそらくイミニウムカチオンおよびボレート経由で進行するものと考えられる。
petasis_5.gif

反応例

官能基受容型多成分縮合反応は、多様性指向型化合物ライブラリーへの迅速なアクセスを可能とする。以下は、Petasis反応を用いた構築例である。[1] petasis_2.gif
有機分子触媒を用いる不斉Petasis型カップリング[2] petasis_4.gif
petasis_6.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Kumagai, N.; Muncipinto, G.; Schreiber, S. L. Angew. Chem. Int. Ed. 2006, 45, 3635. doi:10.1002/ange.200600497

[2] (a) Yamaoka, Y.; Miyabe, H.; Takemoto, Y. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 6686. DOI: 10.1021/ja071470x (b) Lou, S.; Schaus, S. E. J. Am. Chem. Soc. 2008130, 6922. DOI: 10.1021/ja8018934

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  2. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  3. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  4. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  5. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  6. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  7. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  8. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  2. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  3. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  4. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  5. イベルメクチン /Ivermectin
  6. 目が見えるようになる薬
  7. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  8. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  9. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  10. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP