[スポンサーリンク]


2009年 8月 15日

  1. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

    マイケル・グレッツェル (Michael Gratzel、1944年5月11日-)は、スイスの化学者である。ローザンヌ工科大学 教授。 (さらに…)…

  2. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells

     色素増感型太陽電池(Dye-sensitized Solar Cell, DSC)とは、現…

  3. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

    概要アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4また…

  4. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

    概要ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カル…

  5. グロブ開裂 Grob Fragmentation

    概要電子対供与基から数えて3位(γ位)に脱離基が存在すると、開裂反応が進行しうる…

  6. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis

  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

  8. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

  9. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation

  10. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

  11. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling

  12. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

  13. 山本明夫 Akio Yamamoto

  14. Reaxys体験レポート反応検索編

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.2]オクタン付加物 : Bis(trimethylaluminum)-1,4-diazabicyclo[2.2.2]octane Adduct
  2. 2007年度イグノーベル賞決定
  3. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  4. Letters to a Young Chemist
  5. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  6. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  7. 置き去りのアルドール、launch!

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

PAGE TOP