[スポンサーリンク]


2009年 8月 15日

  1. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

    マイケル・グレッツェル (Michael Gratzel、1944年5月11日-)は、スイスの化学者である。ローザンヌ工科大学 教授。 (さらに…)…

  2. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells

     色素増感型太陽電池(Dye-sensitized Solar Cell, DSC)とは、現…

  3. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis

    概要アニリン類とβ-ケトエステルから得られるβ-ケト酸アニリドを、H2SO4また…

  4. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

    概要ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カル…

  5. グロブ開裂 Grob Fragmentation

    概要電子対供与基から数えて3位(γ位)に脱離基が存在すると、開裂反応が進行しうる…

  6. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis

  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

  8. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

  9. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation

  10. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

  11. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling

  12. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement

  13. 山本明夫 Akio Yamamoto

  14. Reaxys体験レポート反応検索編

  15. 遠藤守信 Morinobu Endo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  2. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  3. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  4. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  5. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  6. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination

注目情報

最新記事

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP